霊訓の疑問や悩み - ナレッジリーフ@知識の葉

Yahoo!知恵袋疑問や悩みを検索

知恵袋Q&Aで悩みを解決!

-PR-
  • エンターテインメントと趣味 > 占い、超常現象 > 超常現象、オカルト
  • Sun, 13 Oct 2019
  • 質問No. 8718998

解決
済み
Q 霊訓の疑問や質問

  • 閲覧数30
  • 質問総数5

A霊訓のQ&A回答一覧

    Yahoo!知恵袋

    • 投稿日時 - Sun, 13 Oct 2019 22:29:50
    • 閲覧数 30
    質問

    シルバーバーチの霊訓ってどう思いますか?信じますか? シルバーバーチの霊訓ってどう思いますか?信じますか? よろしくお願い致します。
    アンサー
    回答

    きわめてまともなことを言っていると思いますよ。
    信じるに値しますね。
    エンターテインメントと趣味 > 占い、超常現象 > 超常現象、オカルト
    詳しくはこちら
    • 同意数-8(9-17)
    • 回答数4
    • 投稿日時 - Thu, 19 Sep 2019 13:05:38
    • 閲覧数 35
    質問

    シルバーバーチを愛読している方がいたら是非聞かせてほしいです。
    それはあなたの神観はどのようなものですか、要するに神とはどういう存在ですか? という事です。私は今迷っています。というのも

    私は神とは法則そのものであり、内部の神性でありすべての物のそれ自体であるというシルバーバーチの言う神観と
    神は無限の愛であり、しかし善と悪をはっきり区別する存在であるという考え方がごちゃ混ぜになっており、汎神論と人格神が相いれないはずなのにその二つの要素を持つのが神だという認識になっています。

    というのも...
    アンサー
    回答

    誠実な質問ですね。その視点をもたれている事自体が得難いのです。

    >>私は神とは法則そのものであり、内部の神性でありすべての物のそれ自体

    解説しましょう。
    ①神とは人のように「存在」ではありません。「意識」です。貴方は、神を存在と理解しているから、「私とあなた」といった区別をしているのです。これは、よく読むと、霊訓の至る所にでています。しかし、翻訳者や解説者が分かっていない(分かるわけがない)ので、己の理解の範囲内に歪曲して表現されています。是非英文をよんでみましょう。 また、バーチは、極めて「GOD 」と呼ばず、「The Great Spirit」と表現しているのもそのようなわけがあります。

    ②そしてその、「意識」はありとあらゆるところに存在しています。バーチも、どこにあるか分からないと言っています。バーチはその意識を「魂」と呼んでいます。それが貴方の究極なのです。あるがままなのです。はっきりと霊訓に書いてますよ。

    ③「神は法則」の意味は、神が絶対ならば、その法則も絶対であるし、法則=神といえるからです。逆に言えば、それほどまでの絶対者であるといえるのです。ですので、>>神は無限の愛であり、しかし善と悪をはっきり区別する存在と、>>内部の神性でありすべての物のそれ自体であるは両立します。

    ④>>汎神論と人格神が相いれないはずなのにその二つの要素を持つのが神だという認識になっています。
    解説している人が、自己の内部にある霊性に気づいていず、人格神としての理解しかしていないので、全部我田引水になってるわけです。

    ⑤>>要するに神とはどういう存在?

    神は存在ではありません。神はGODではありません。神は意識です。その意識が貴方の中にもあります。それを意識したとたんにはじまります。

    ⑥自己を尋ねましょう。そうすれば、統括霊(貴方の霊)から強烈な働きかけがきます。その意識を意識するようになります。いろんな事が分かってきます。

    最後に、霊感の薄いスピリチュアリズム普及会を批判しているブログがあるので参考にしてみてはどうですか?

    https://ameblo.jp/meisou999/entry-12492921463.html
    エンターテインメントと趣味 > 占い、超常現象 > 超常現象、オカルト
    詳しくはこちら
    • 同意数-4(2-6)
    • 回答数7
    • 投稿日時 - Wed, 11 Sep 2019 23:26:31
    • 閲覧数 25
    質問

    霊界って存在すると思いますか? エジソンは真剣に霊界との通信機を発明しようとしてたそうです。
    臨死体験した人達も霊界へ行ったと話す人も何人も居るとかwww
    行った事がある、見た事があるという人が居たら、是非どんな世界なのか知りたいです。
    アンサー
    回答

    こちらに生まれる前は霊界にいましたから。

    自分が一番知っています。

    答えは外側にあるのではなく、すでに内側にあります。

    こちらでの情報や知識は、答えにたどり着くキッカケに過ぎません。

    「シルバーバーチの霊訓」というものがあります。

    世界中で学ばれている霊的な教科書のようなもので
    読んで見るといいと思います。

    ちなみに寝てる間は、肉体は寝ていますが魂は寝ていません。

    霊的状態に戻っています。

    睡眠中に行くあの世の世界
    http://tenngokunodoa.blogspot.jp/2010/01/blog-post_18.html

    睡眠中は何をしているのか
    http://www5e.biglobe.ne.jp/~spbook/sb-teachings/sb-teachings-16.htm
    エンターテインメントと趣味 > 占い、超常現象 > 超常現象、オカルト
    詳しくはこちら
    • 同意数4(16-12)
    • 回答数5
    • 投稿日時 - Wed, 04 Sep 2019 17:12:28
    • 閲覧数 31
    質問

    シルバーバーチに詳しい方、教えて下さい。 最近、中高年になっても
    引きこもりをしている人のことが
    よく報じられますが、
    引きこもりのまま人生を終える人は
    亡くなってからどうなるのでしょうか?

    例えば、後悔や苦悩にさいなまれるとか…。
    来世も希望のない人生になるとか…。

    シルバーバーチ自身は
    ひきこもりについて語っていないと思うのですが、
    日頃からシルバーバーチについて学んでいる方、
    推測でよろしいのでお願い致します。
    アンサー
    回答

    私も霊訓に精通しているわけではありませんので、推測の域を出ませんが、地上の人生の目的は霊的向上進化にあります。

    そのために利他愛の実践の機会が与えられています。

    引きこもりについてですが、現世において決して楽な人生を送っているものだとは思っていません。
    引きこもりながら、何かをしなければいけない、しかし何をどうすることもできないという葛藤の中に、引きこもりの人々は居ます。(全員とは言いませんが)
    その葛藤が実現する、つまり他人のために尽くすということが、現世レベルだけでかなえられるという認識は狭義であると思います。
    つまり、ずっと引きこもりながらもその実践をする機会が与えられなかったものにでも、あの世に行ってそのチャンスが与えられるかもしれません。

    霊訓の姿勢はポジティブシンキング(肯定的思考)にあります。

    引きこもりの人が実践できなかったからと言って、死後暗黒の境涯に落ちるものとは思いません。
    エンターテインメントと趣味 > 占い、超常現象 > 超常現象、オカルト
    詳しくはこちら
    • 同意数4(15-11)
    • 回答数5
    • 投稿日時 - Tue, 03 Sep 2019 20:50:35
    • 閲覧数 44
    質問

    死生観について


    宗教やスピリチュアル関係の方々へ質問です。
    (該当しなくとも、それなりに思想があればご回答可能です)


    私は人生において時折生きる理由を失います。 特にすることもなくなってしまったし、
    友人は少ないし、
    結婚は重荷で今更する気はないし、
    楽しみはあまりなくなったし、
    もう亡くなってもいいかなと考える時もあります。


    私たちは何故生きているのでしょうか?
    「死生観について」ご教授ください

    (*宗教の方は宗派を名乗り詳しく教えてください。教え元を参考にしたいからです。)
    アンサー
    回答

    シルバーバーチ霊訓やホワイトイーグルの霊言、アランカルデックなどの私が「正しい」と思っているまたは言い方を変えれば原初のスピリチュアルの本に書いてあることを信じるものです。
    (ここ最近のスピリチュアルではなく1850~1950当たりのスピリチュアルの思想)

    それらによると生きるのは地上生活(肉体をまとっての生活)を通して
    霊的成長をして本当の生活の場(霊界)で存分に能力が発揮できるように鍛錬するためらしいですが。あと美と幸福の享受のため。


    霊界はとても美しい場所でその美しさは言語を絶するものがあります。

    そこで享受する幸せもまた言語を絶します。(途轍もなく幸せだということ)

    みなそこで楽しく、しかしそれでいて重要で尊い労働をしています。
    (地上のような辛い仕事と思ってもらっては困ります。地上と同じく種類は豊富です。自分の好きな仕事をできます。)

    しかしそれらを享受したりそこで仕事をするためには人間として成長してないといけません。

    霊界での幸福度は人間として成長すればするほど大きくなります。知識、謙虚さ、忍耐力、知恵、愛の心、意志の強さを成長させる必要があります。

    これらは単一の成長でもいいのですが最終的には全ての成長が必須です。

    それらを成長させないと美や幸せを享受できません。なぜか。それは魂がその環境になじめないから、あるいは受け入れられないからです。

    ですからそれらを受け入れることのできるように成長していくこと器を増す事で幸福も増すのです。ということは死後はそれらを地上生活で磨いた分になるということですから頑張って生きて成長するわけです。苦しくても生きるわけです。私の場合はそうです。

    まだまだ言いたいことはありますが長すぎるのでとりあえずここで終わります。
    こういう考え方の人もいるんだなー程度に考えてもらって結構です。
    エンターテインメントと趣味 > 占い、超常現象
    詳しくはこちら
    • 同意数7(11-4)
    • 回答数6

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    ページ先頭へ