自然治癒力の疑問や悩み - ナレッジリーフ@知識の葉

Yahoo!知恵袋疑問や悩みを検索

知恵袋Q&Aで悩みを解決!

-PR-
  • 健康、美容とファッション > ダイエット、フィットネス > ダイエット
  • Mon, 21 Oct 2019
  • 質問No. 9494532

解決
済み
Q 自然治癒力の疑問や質問

  • 閲覧数5
  • 質問総数34

A自然治癒力のQ&A回答一覧

    Yahoo!知恵袋

    • 投稿日時 - Mon, 21 Oct 2019 13:57:49
    • 閲覧数 5
    質問

    私(20代)は腰椎硬膜外脂肪腫症という稀な病気と足底筋膜炎です。 私(20代)は腰椎硬膜外脂肪腫症という稀な病気と足底筋膜炎です。 症状としては、腰の激痛(動くのもやっとというレベル)、足裏の痛みです。

    歩くときは杖が必要です。

    先生には手術で脂肪腫は取れるけど、まだ若いからダイエットがいいよと言われました。

    水中ウォーキングをしたり、食事内容に気をつけたり、ヘンセキという脂肪過多症に効く漢方薬を飲んでいますが、なかなか効果がありません。

    現在75.4キロ、体脂肪率47.4%です。
    基礎代謝が低くて、内臓脂肪は少...
    アンサー
    回答

    まだお若いのに大変ですね。
    まず、なぜそのような症状になったかを考えてみてください。
    ステロイドを飲んでいましたか?
    クッシング症候群と診断されていましたか?
    体脂肪率が高いのも気になります。恐らく内臓脂肪が非常に多いのでしょう。ただ体脂肪率が高いというだけで腰椎硬膜外脂肪腫症にはなりません。

    治療には外科手術して腫瘍を除去するか、体脂肪を減らしながら地道に治療していく方法になります。
    医師からダイエットがよいと言われている事から、まだ外科手術までは必要ないと判断されたのでしょう。ただそうは言っても既に生活に支障が出るほどまで進行していますから、もう一度医師と話し合って外科手術を行えるのか聞いてみてください。必要なら別の病院でセカンドオピニオンをとっても良いと思います。手術は身体的負担も大きいですし、まだお若い事もあって自然治癒力が高いので手術までは必要ないと医師は考えたのかもしれません。
    健康、美容とファッション > ダイエット、フィットネス > ダイエット
    詳しくはこちら
    • 同意数-2(7-9)
    • 回答数3
    • 投稿日時 - Sat, 19 Oct 2019 07:55:37
    • 閲覧数 16
    質問

    熱が下がっては上がるという状態が10日程続いている7歳の娘がいます。 熱が下がっては上がるという状態が10日程続いている7歳の娘がいます。 頭痛や嘔吐がある時もあり、その間、小児科も2回かかり、血液検査もしてもらいましたが、異常なし。

    特質する初見もなく、解熱剤をもらったのみで過ごしています。

    ただ、38.2くらいまで熱が上がったり、疲れやすい様子なのが続いているので、悪い方に考えてしまいます。。

    連休中でなければすぐ病院にもう一度行きたいのですが、日曜や祝日にこのようなことで救急外来を受診するのは間違っ...
    アンサー
    回答

    発熱を繰り返すのは
    何度も病院へ行って薬を使うからです。

    体は目的をもって免疫力を上げて発熱させているのに
    その都度、薬で解熱させるから
    体の問題がいつまでたっても解決しないのです。

    そもそも
    発熱、咳、鼻水、下痢、嘔吐などの
    体から出る症状は、熱でウイルスを殺したり
    体内から異物や菌を出すなどの
    【治癒反応】が【正常】に働いている証拠です。

    【正常】なので、病院へ行って
    それらを解熱させたり薬で止めるような
    【異常】な事をする必要はありません

    病院というのは【対症療法屋】の【薬物専門店】ですから
    そこに行けば、ビジネスとして薬物を買わされるだけの話です

    症状=病気ではなく
    病気を治そうとする治癒反応=症状です。

    症状は治癒反応なのに
    薬で無理矢理抑えれば
    お子さんはどんどん自然治癒力を失って病気が慢性化してくだけです。

    せっかく体が発熱などで免疫力を上げているのに
    薬で解熱させるということは免疫力を下げる行為です


    また、わざわざ病名を探しに病院へ行く必要はありません

    病名とは製薬会社が薬を売るために付けられただけです

    薬が出来ると病名が出来て
    病名が出来ると保険適用が可能になるから
    昔は自然に治していた病気に
    わざわざ薬が処方されるようになっただけです


    症状は低体温や便秘・鼻詰まりなどの出ない時の方が心配です。

    脱水症状が心配なので
    水分やミネラルの補給を忘れずに
    どんどん出すことが重要です。

    食事も消化に体力を奪われるので
    無理にする必要ありません。

    食欲がなくなるもの
    体が消化出来ないので入れないでという体の反応です。

    水分+絶食(固形物)+安静で最短完全完治です。

    動物は体調が悪いと
    何も食べずに巣穴でじっとしています
    誰に教えられたわけでもなく
    自ら治し方を知っています

    薬を飲むために食事をして
    わざわざ胃腸に負担をかけて
    治癒を遅らせているのは人間くらいですね。


    高熱とともに激しい頭痛や意識障害、けいれん
    めまいなどを伴うなら
    治癒力が負けているので
    その時は救急でも病院にかかる必要がありますが
    安易に病院に行く必要もありませんし
    薬を飲む必要もありません。

    病気は、薬が治すのではなく体が治すのです

    ウイルスが悪さをしているわけではなく
    自己治癒機能が発熱をして免疫力を上げて
    ウイルスを退治しているのです。

    発熱は体が目的を持って熱を上げていますから
    目的を達成すれば下がっていきます。



    昔から病を見ずに人を見よと言います

    子供は機嫌と元気が大切です

    機嫌がいい時は
    精神面が安定している証拠
    元気がいい時は
    体力面が安定している証拠です。

    補足として、快食・快眠・快便
    これらに異常がある時には【正しい医者】にかからなければいけません


    人間の体には100人の名医が存在します。

    本来、その手助けをするのが正しい医者です。

    しかし現代医療は歪んでいます。

    自然治癒力を無視して
    直ぐに症状に応じた対処療法薬を処方して
    自己治癒力を奪い取るような医師は
    ビジネス医師であり正しい医師とは言えません。

    病院というのは【対症療法屋】の【薬物専門店】です

    対症療法は結果にだけ焦点をあてた薬物療法なので
    原因にアプローチした療法ではありません

    薬とは副作用と引き換えに
    一時的に症状に対処するだけなので
    根本的な問題を解決してはくれません

    問題を解決しない病院に行くということは
    ご自身が便利さを求めて行くのと同じことになります

    安易に病院という対処療法屋へ行って
    薬を飲む癖を付けるのをやめるべきですね。

    お子さんが体調を崩したということは
    お子さんの免疫力の低下が原因です。

    免疫力の低下に繋がるような食事(糖質・農薬・遺伝子組み換え)や
    生活習慣・ワクチンなどの薬害など・・
    それらを真剣に考えて、見直す必要があります。


    親御さんが正しい知識を身に付けて
    医者いらずで免疫力が高い
    元気なお子さんに育てて下さい。


    お大事に



    病院へ行く時とは?

    小児科医 真弓定夫 内海聡医師
    https://www.youtube.com/watch?v=94d9K9uImKY
    健康、美容とファッション > 健康、病気、病院 > 病気、症状
    詳しくはこちら
    • 同意数-13(0-13)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Fri, 18 Oct 2019 21:58:55
    • 閲覧数 89
    質問

    ワンピースのルフィは食欲旺盛に留まらず、自然治癒力も凄まじいですよね?

    ルフィはクロコダイルに腹を刺されても、肉を食べれば回復します。
    アンサー
    回答

    その通りです。ルフィは超人並みに凄いです。
    エンターテインメントと趣味 > アニメ、コミック > コミック
    詳しくはこちら
    • 同意数16(19-3)
    • 回答数14
    • 投稿日時 - Wed, 16 Oct 2019 06:42:51
    • 閲覧数 5
    質問

    どなたか教えて頂けませんか?

    朝起きて、顔や目の汚れを落とすために洗って、タオルで拭いたのですが、その際にタオルで思い切り目を擦ってしまってからずっと痛みがあります。

    鏡でじっ と見てみると、角膜?(黒目の部分)が、1ミリほど削れてて、調べてもよく分からなかったので、どなたか教えてください。自然治癒力で治りますか?

    仕事は飲食店の煙が多いところなのでそこも心配です。
    アンサー
    回答

    目の表面に傷が付くと結構痛みがあります。
    感染症になると怖いので早めに眼科に行ってください
    健康、美容とファッション > 健康、病気、病院 > コンタクトレンズ、視力矯正
    詳しくはこちら
    • 同意数-2(7-9)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Tue, 15 Oct 2019 08:48:41
    • 閲覧数 7
    質問

    自分の身体を正常な状態に保とうとする力の事を何という? 自分の身体を正常な状態に保とうとする力の事を何という?
    アンサー
    回答

    自然治癒力ですね。

    免疫力も同じですかね^^。





    がんばってくださいね。
    生き方と恋愛、人間関係の悩み > 恋愛相談、人間関係の悩み > 家族関係の悩み
    詳しくはこちら
    • 同意数9(20-11)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Thu, 10 Oct 2019 22:54:14
    • 閲覧数 7
    質問

    薬についての格言なのですが… 薬についての格言なのですが… とても高価でよく効くと思えば、それが小麦粉玉でも効く、といった様なものがあったと思うのですが、お詳しい方がいらっしゃいましたら教えて下さい。よろしくお願い致します。
    アンサー
    回答

    人間を含む全ての動物には、『自然治癒力』が有ります。
    風邪、とか、その他の病気も、この動物内に備わった『自然治癒力』でな青る場合が多々あります。

    薬は、この『自然治癒力』を助ける役目をする物も多いのです。

    高貴薬と称して、『小麦粉』を引用しても、この『自然治癒力』に害を成すもの出なければ、人間の体は回復する場合は少なからず有る。

    『病は気から』→『回復も気から』となります。
    教養と学問、サイエンス > 一般教養
    詳しくはこちら
    • 同意数10(12-2)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Thu, 10 Oct 2019 19:38:17
    • 閲覧数 9
    質問

    中村天風先生の命令暗示法について質問します。 中村天風先生の命令暗示法について質問します。 命令暗示法で、「お前は(病気名)を気にしなくなる」 というのと、「お前は病気を気にしなくなる」と言うのは、どっちのほうがよろしいでしょうか?
    アンサー
    回答

    ・天風先生は私の心の恩師で、毎日、寝る前には先生に感謝してから就寝しております。
    ・さて、ご質問の件ですが、天風先生は「寝起き」と「寝る前」に見聞きすることは、人の潜在意識の中に深く入るので、大事にするようにとおっしゃられております。(暗示法の要点)
    ・試験の前などで記憶したいことがあった場合には、就寝前に英単語などを口ずさんだり、難しい数学の問題などをやっておくと、翌朝良く理解が進んでいるようになります。これは寝ている間にも潜在意識の中で活動が続けられているためです。
    ・また、寝る前には「明るい話題」に接してから寝るようにすることは、安眠には有効です。

    ・朝の起きたてについては、心の中(潜在意識の中)が、まだ空っぽの状態なのでここで見聞きしたことは、潜在意識の中に強く残るので、朝一で「覚えたいこと」などを練習することは、効果的であるとおっしゃられています。

    ・とにかく自分で発した言葉は、当然、同時に自分の耳から入り記憶に残ります。つまり、ご質問にある「お前は(病気名)を気にしなくなる」であろうが 、また「お前は病気を気にしなくなる」であろうが、どちらも「病名」や「病気」というマイナスイメージの言葉を使っています。つまり病名や病気というマイナスイメージの言葉を自分で聞くことになり、それが潜在意識にも入り、消極的な態度を誘発する原因となってしまいます。
    天風先生の信念は「積極一貫」「心身統一」です。つまり「私はいつも元気であふれている!」「私は力の結晶だ!」と積極的な言葉が自然に口から出てくるような人になることが重要です。
    ・天風先生が医者から見放された、ご自身の突発性肺炎を直そうと世界中を旅して回っているときに命令暗示法を習いに行こうと、外国の65歳前後のあるおばあさんの所を訪ねると、扉を開けて出てきた人が、若いお嬢さんだったので、すいません命令暗示法を教わりに日本から来たのですが、先生はご在宅ですかと聞くと、何と「私です」と言われ、びっくりしたそうです。実際の年齢にかかわらず、自分が16歳であると暗示をかけて日々過ごすことが若さをキープする秘訣だと教わったそうです。それまでの天風先生の心の中は、「俺は重い病気だ」「不治の病なんだ」「息をするのも苦しい」「大変だ、不安だ、心配だ」と、マイナスのイメージで一杯の状態でした。消極的なマイナスの暗示を自分にかけていたと反省しました。
    ・積極的な言葉、例えば元気一杯だ、清く正しく美しくあろう、誠実、親切、愛情を持って、愉快に笑いながら、明るく正直に、などの言葉を日々使うことが積極性のある生活をする上で大切となりますが、同時に心の中をスパッと何も考えない状態にリセットすることも、健康な生活をする上では非常に大切です。
    ・「何かあるのが人生だ」と天風先生は常に言います。頭の中にごちゃごちゃ貯まった日頃の雑事を、時々「瞑想」を実施することでクリアーな状態にすることも健康を維持するためには、欠かせません。
    これを「神人冥合」と言っています。たかだか現代の数十年生きてきただけの個人の浅はかな知恵を弄して工夫をしたとしても、所詮は浅知恵でしかありません。35万年かけて生き残ってきた、氷河期さえも乗り越え、生き残ってきた最強の生物である人間の私たちの遺伝子の中に蓄積された本物の英知に、その力を発揮してもらうことができる状態を整えるのが瞑想です。これにより自然治癒力も最高度に発揮されます。時々、目をつぶって心をクリアーにしてみることにチャレンジしてみて下さい。心は常に真珠を絹で包んだようなきれいな状態にしておきなさいと天風先生は言います。私も透明で澄んだものを集めています。スワロフスキーのガラス製のバラや動物、透明でクリアな万年筆などから、刺激を受けて心をきれいに保つように気をつけています。
    教養と学問、サイエンス > 芸術、文学、哲学 > 哲学、倫理
    詳しくはこちら
    • 同意数-7(13-20)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Wed, 09 Oct 2019 10:41:17
    • 閲覧数 11
    質問

    地元の占占い師さんに病気のことを聞いたら『真面目に仕事行って頑張れば早く治る』と言われたんですが、そういうことっとあるんでしょうか?占い詳しいかた教えてくださいm(_ _)m 地元の占占い師さんに病気のことを聞いたら『真面目に仕事行って頑張れば早く治る』と言われたんですが、そういうことっとあるんでしょうか?占い詳しいかた教えてくださいm(_ _)m
    アンサー
    回答

    病気は薬と自然治癒力で治るものです、仕事で治るとは
    思えませんが、そういうこともあるのもしれませんね
    エンターテインメントと趣味 > 占い、超常現象 > 占い
    詳しくはこちら
    • 同意数-6(11-17)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Tue, 08 Oct 2019 17:28:33
    • 閲覧数 117
    質問

    オステオパシーのひとつである頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラル)を受けたことがある方、または施術しておられる先生がおられましたら質問です。

    一年半ほど前から、赤ちゃんの頭の形矯正で あるサロンへ通っています。
    息子はまだ幼く、もうすぐ2歳になる子です。成長がゆっくりな子で、頭の形の歪みもさることながら、将来的に発達障害の可能性も感じる部分があり、先生の手業が頭の形の矯正によく、クラニオセイクラルが発達障害の症状の緩和、改善に効果があるということで、そちらへの影響も期待しながら通って来ました。
    ...
    アンサー
    回答

    <頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラル)の治療ってこういうものなのでしょうか?

    違います。



    元々自身の事故由来の頭痛が治らず、アンドルーワイル医師の書いた著書群にオステオパシーにより難治性頭痛の改善例があったことでそれにかけて、頭蓋仙骨療法家やオステオパシー専門家の施術で改善、

    現在までオステオパシーを学び続けているものです。


    頭蓋仙骨療法は今はそのものはあまり使っていませんが学んだ経験はあります。

    頭蓋仙骨療法は、アプレジャー医師がオステオパシーの中の頭蓋オステオパシーの技法を簡略化し一般の人でも実践しやすいようにまとめ体系づけたものです。

    オステオパシーの哲学、構造と機能は影響しあう、からだは1つのユニット、自然治癒力がある、それらをもとに行う というのがあり、
    その哲学のもとに実践されたならオステオパシーによるアプローチがなされたとみます。

    ですので頭蓋仙骨療法をやっている、というのがそのままオステオパシーをしている人ではないのが1つあります。


    頭蓋仙骨療法はアプレジャー氏と教育提携した教育団体を中心に、そこ以外でもいろいろな団体でも学ばれております。

    1口に頭蓋仙骨療法をやってますといっても学んだ先も異なれば

    オステオパシーの専門教育を受けた人
    さらに、障碍児の方の教育や治療に長年関わってきた専門家の人、医師や理学療法士などの国家資格を持つ人、

    頭蓋仙骨のみやっている人、もともと何も知らない一般人まで幅広い背景があります。


    個人的には
    頭蓋仙骨を学んだのであれば その人の勉強の範囲でも

    頭と全身のとの関連性
    また頭のどの部分が制限があってそれでこうなっていたのではないか、制限を除くことでどうなっていくか、一応の見通し等説明はあるべきかと思っております。

    私が最初に学んだ 頭蓋仙骨療法家を名乗っていた方はそうしていましたね。

    また簡略化された体系で学びやすい面、逆にそのまますべての人の状態に対してあてはまるものではなく、状態によっていろいろな他の手技などと併用することも必要でしょう。


    参考までに

    オステオパシーについてまとめられた記事
    http://osteopathy-jpn.com/

    障害児の方に詳しいオステオパシー専門家のHp
    https://www.ostetokyo.com/treatments
    子育てと学校 > 子育て、出産 > 子育ての悩み
    詳しくはこちら
    • 同意数-19(0-19)
    • 回答数3
    • 投稿日時 - Tue, 08 Oct 2019 17:02:03
    • 閲覧数 11
    質問

    肩甲骨あたりがもともと凝っていて、先週くらいに手でもんでいたら変なところを押した?以降、毎日に近いほど違和感があり、仰向けで寝る・ただ座っているだけでも痛みというかジンジン? 感じます。この場合整形外科にいくのと整骨院にいくのだったらどっちがいいですか?一週間続いているのでどっちかにいこうかなっておもっています。
    アンサー
    回答

    肩甲骨辺りのコリや痛み

    あなたと同じ症状の方は非常に多くいます

    整形外科で診てもらい結果が芳しくなかったら
    この回答を参考にしてください

    お役に立つことでしょう




    ーー

    朝起きた時症状が酷くその後段々薄らぎ気にならなくなるが
    翌朝また同じ症状が現れる、、その繰り返しが続く。

    起き上がって動き出すと圧迫されていた神経が解放され痛みが軽くなったり無くなる


    朝に多くの症状が出るのは寝てる間に何かあったと考えると合点がいく
    寝方に問題があると考えます

    それ以外に原因は見つからない


    病院で検査しても納得できない場合、わたしのこの回答を思い出して
    参考にしてもらえば幸いです
    ーーーー

    下記は他の方にも回答したものをコピーしました

    こんなにも沢山の症状が横を向いて毎日寝てることで出てるのです

    あなたの質問にも当てはまる症状もふくまれてます


    こんな事が分からない西洋医学に何度通っても何時まで経っても適切な処置が出来ず治るはずがありません

    検査の結果シップ薬、痛み止め程度で誤魔化していては整形外科不信になるのが落ちです

    精密器械に頼りきってる整形外科の限界と言えます

    整体院が生き残る術がここにあります
    ーーーー

    [上半身の首、肩、背中、肩甲骨などの痛みや違和感]

    「横向きで寝る」ことがその最大の原因だと考えています

    横寝は肩関節、鎖骨、肩甲骨周りに負荷がかかり、肩が前方に巻き込み
    その周りの筋肉、じん帯、神経が圧迫され下記のような様々は症状が出てくる

    横で寝ることで現れる様々な症状は何と多いことでしょう


    1. 肩の奥の痛み
    2. 胸の奥の痛み
    3. 肩甲骨奥の痛み
    4. 鎖骨周りの痛み
    5. 息を吸ってもいっぱい吸えない
    6. 喉に締めつけ感がある
    7. 肺の圧迫感
    8. 物を飲み込んでも食道が狭く感じたり、違和感がある
    9. 頸椎周りに詰まった感があり痛みや違和感があり気分がわるい
    10.首コリ
    11. 肩こり
    12.猫背
    13. 巻き肩
    14.腕が上がらず痛みがある
    15.肩からゴリゴリ音がする
    16.首が回らず痛みや違和感がある
    17. 頭痛

    これらはいずれも身体の表面ではなく身体の奥の方に違和感や痛みが出る特徴があります

    症状が酷くなると頭痛や熱が出ることもある

    中には、胸の奥の痛みで「肋間神経痛」と診断されることもあります
    あなたもこれらの症状に思い当たることはありませんか?
    これらはお薬(痛み止め、湿布薬)で良くなることはありません



    例えば一日2時間を右下にして寝ると(その間寝返りも当然うちます)
    1か月では60時間となり一年間では720時間にも及びます


    肩を始めその周辺に痛みや違和感が出ないはずがない
    負荷のかかった肩が肩関節に巻き込んだ異常は薬で取ることはできません


    {これら負荷のかかった肩、肩甲骨、鎖骨、背中周りを解すことが痛みや違和感を取る方法となります}

    症状の元なる負荷の掛かった部位を開放すればいいことになります

    これは薬ではとれません

    上記の症状は整体術で解消することが出来ます
    頭に入れておきましょう


    自分で出来ること
    ① 肩甲骨周りを解す
    指先を肩口につけて肘を上げて肩を支点にしてぐるぐる左右に何度も回す
    ② 仰向けになり腕を曲げ肩まで上げそのまま何度も上げ下げする
    ③ 仰向けに寝る癖をつける

    首や肩はそこが悪いのではなく症状が現れる場所で、そこをいくら揉んでも叩いても気持ちがいいだけで痛み、違和感が無くなることはありません
    頸椎の変形や硬結も肩関節や、肩甲骨周りを解せばコリは無くなります

    人の身体はそれぞれ使い方に癖がありそれが何らかの歪み、違和感となります
    その歪みを取ろうと右や左に向いて寝るわけです

    その途上に肩に負荷がかかりますが寝方は自分で歪みをとる自然な行為で妨げることは出来ません

    それが自然治癒力と言われるものです
    身体の歪みはその日の内に取る、、これを心がけることが大切です


    これらの症状は整形外科で処方される湿布薬、痛み止め程度では取れるはずもないことはお分かりだと思います

    腕の良い整体師による手技による施術が必要です
    健康、美容とファッション > 健康、病気、病院 > 病気、症状
    詳しくはこちら
    • 同意数16(17-1)
    • 回答数2
    -PR-
    -PR-
    1 2 3 4 次へ 
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    ページ先頭へ