脊柱管狭窄症患者の疑問や悩み - ナレッジリーフ@知識の葉

Yahoo!知恵袋疑問や悩みを検索

知恵袋Q&Aで悩みを解決!

-PR-
  • 健康、美容とファッション > 健康、病気、病院 > 病気、症状
  • Thu, 26 Sep 2019
  • 質問No. 6799107

解決
済み
Q 脊柱管狭窄症患者の疑問や質問

  • 閲覧数0
  • 質問総数5

A脊柱管狭窄症患者のQ&A回答一覧

    Yahoo!知恵袋

    • 投稿日時 - Thu, 26 Sep 2019 14:38:49
    • 閲覧数 0
    質問

    腰がとても痛くて病院通っています。
    脊椎管狭窄症運動は何がありますか。
    治療法調べてたら運動するのがいいと思って、なにをすればよくなるのかお願いします。
    アンサー
    回答

    一般の筋トレやコア運動をしますと脊柱管狭窄症がもっと悪化される可能性ありますし、また痛くてしようとしてもできないので米国専門処方(RX)シューズジィーコイルをカスタマイズ調整して履き、脊柱管狭窄症患者用で特化されたリハビリ運動であるRX前支え運動、RX反動、RX万歳、RX鉄棒、RXスクワット、RXランジ、RX坂歩き(ランニングマシン上)するともっといいでしょう。
    健康、美容とファッション > 健康、病気、病院 > 病気、症状
    詳しくはこちら
    • 同意数17(17-0)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Fri, 06 Sep 2019 16:36:34
    • 閲覧数 8
    質問

    私は76歳です。まだまだ元気だと思いながらいつも運動してます。
    しかし、年のせいか、最近は腰が痛くて脚も痺れて歩くのがたいへんです。
    2~300メートル歩くと痛みで途中で休んでしまいます。 病院に行って精密検査を受けたら脊椎管狭窄症だそうです。
    朝、歩く運動が難しい時、自転車乗ってみようと思います。
    脊椎管狭窄症にいいでしょうか。
    アンサー
    回答

    脊柱管狭窄症がある方が自転車に乗れば、自動的に腰が曲げられて、痛みが緩和され、下半身運動になり、最初は自転車に乗ることがいいかもしれないが、長期間になる場合、腰の曲げが固定化され、脊柱後湾症になり、これにより脊柱管狭窄症がより悪化されるので、自転車よりは米国専門処方(RX)シューズZ-****をはき、歩くの方がよいでしょう。

    脊柱管狭窄症の世界的名医中の名医は米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が脊柱管狭窄症リハビリ治療に処方する米国専門処方(RX)シューズZ-****です。

    一般の筋トレやコア運動をしますと脊柱管狭窄症がもっと悪化される可能性ありますし、また痛くてしようとしてもできないので米国専門処方(RX)シューズジィーコイルをカスタマイズ調整して履き、脊柱管狭窄症患者用で特化されたリハビリ運動であるRX前支え運動、RX反動、RX万歳、RX鉄棒、RXスクワット、RXランジ、RX坂歩き(ランニングマシン上)するともっといいでしょう。

    以前は脊柱管や椎間孔(神経孔)は、先天的な要因はなく後天的な要因によって一度狭くなると再び原状復帰ができないと知られていましたが、ハーバード大学医学部など米国医大実験結果により下記を参照してリハビリ治療などをするとより活性化された免疫マクロファージが脊柱管、椎間孔内の異物などを食って脊柱管、椎間孔の空間を広げ、米国専門処方(RX) シューズZ-****の正しい姿勢保持機能で脊柱管、椎間孔が元の位置に回復がされて脊柱管狭窄症や椎間孔(神経孔)狭窄が速く自然治癒、生活完治、再発防止できます。

    脊柱管狭窄症の手術勧告基準

    腰椎4、5番を基準に、正常の脊柱管前後直径13mm、左右直径が16mm、水平切断面の面積が75-100㎟で、神経孔(椎間孔)の高さが5mmであり、正常基準で2/3以下に狭くなる場合、脊柱管狭窄症手術(脊柱管、椎間孔の拡張手術)治療を検討するのが一般的で、脊柱管や椎間孔の状態がどうかを正確に知ってから治療方法を決めなければなりません。

    "脊柱管狭窄症の施術類は副作用、後遺症が多く、すでに廃棄された治療法でありまして一度手術を受けてしまったら二度目三度目の手術を招かざるを得なくなりますので最初から脊柱管狭窄症に手を出さないようにするのが完治への一方であるでしょう。
    代わりに下記を参考にし脊柱管狭窄症をリハビリ管理するともっと早く自然治癒、生活完治できることに間違いありません。"

    <脊柱管狭窄症薬、注射、施術、手術、副作用なしで自然治癒、生活完治、再発防止治療法の概要>

    脊柱管狭窄症に良い食べ物であるタンパク質の多い、免疫細胞を作ってくれる赤牛肉を ジャーキー、しゃぶしゃぶ、醤油漬けなどで毎日100g以上お召し上がりになるのをお勧めします。また、

    米国専門処方(RX)シューズZ-****(世界的名医中の名医)を疾患、体重、職業、脊椎、骨盤、脚、歩き方矯正状態などに合わせてカスタマイズ調整して履けば、脊椎、骨盤不均衡と足、歩き方矯正が日常、職場(学校)生活の中で矯正されてギブスの役割をする固い整形外科インソールが足を不安なくサポートし、体重を半分に減らす効果のように脊椎の衝撃を50%少なくしてくれスプリングエネルギーリターン(推進力)が50%になり脊柱管狭窄症に無理を与えずに歩くのが非常に楽になり、より遠く歩くことができ、エアシューズに比べて脊椎、下半身の筋肉弛緩、収縮(ポンピング)運動が10倍以上されて、血液、リンパの循環をスムーズにして、血液リンパ中の免疫細胞、鎮痛消炎剤が脊柱管狭窄症自己治療、自然治癒、生活完治条件を作ってくれ脊柱管狭窄症がより速く自然治癒、生活完治、再発防止されます。

    米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が脊柱管狭窄症リハビリ治療に処方する米国専門処方(RX)シューズZ-****をカスタマイズ調整して履き、日常、職場(学校)生活して脊柱管狭窄症のリハビリは脊柱管狭窄症患者に特化したRX前支え、RX反動、RXランジ、RX鉄棒、RXスクワット、RX万歳、RX坂歩き(ランニングマシン上)をすると仕事も歩きも 楽で脊椎、下半身の筋肉も強化されて脊柱管狭窄症に無理与えず運動ダイエットもでき、脊柱管狭窄症もより早く、自然治癒、生活完治、再発防止されます。

    用語説明(米国シューズ分類基準):処方(RX)シューズとは?
    職業、体重、疾患、脊椎側湾、姿勢、骨盤状態、足の長さの差、膝、足首の角度、歩き方、扁平足、足の形に合わせ簡単に個人別カスタマイズフィッティングする専門靴(整形外科インソール基本付き)で、米国医者達が足、足首、脚、膝、股関節、腰保護、予防、リハビリ、矯正、治療に処方(RX)する靴を通称する。つまり、運動する時にスニーカー履いて登山するときは、登山靴履くと同じように病気を予防したり、疾患があってリハビリ、矯正治療時に履く靴が処方(RX)シューズである。
    健康、美容とファッション > 健康、病気、病院 > 病気、症状
    詳しくはこちら
    • 同意数-9(1-10)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Wed, 04 Sep 2019 19:06:32
    • 閲覧数 0
    質問

    脊椎管狭窄症で脚の筋肉がいきなり抜けてしまいました。この場合どんな運動をすれば脚の筋肉にいいんですか。
    アンサー
    回答

    下を参考にして脊柱管狭窄症のリハビリ運動をすれば、足に力もでき、歩くのも楽になり、より遠くまで歩けます。

    一般の筋トレやコア運動をしますと脊柱管狭窄症がもっと悪化される可能性ありますし、また痛くてしようとしてもできないので米国専門処方(RX)シューズジィーコイルをカスタマイズ調整して履き、脊柱管狭窄症患者用で特化されたリハビリ運動であるRX前支え運動、RX反動、RX万歳、RX鉄棒、RXスクワット、RXランジ、RX坂歩き(ランニングマシン上)するともっといいでしょう。

    以前は脊柱管や椎間孔(神経孔)は、先天的な要因はなく後天的な要因によって一度狭くなると再び原状復帰ができないと知られていましたが、ハーバード大学医学部など米国医大実験結果により下記を参照してリハビリ治療などをするとより活性化された免疫マクロファージが脊柱管、椎間孔内の異物などを食って脊柱管、椎間孔の空間を広げ、米国専門処方(RX) シューズZ-****の正しい姿勢保持機能で脊柱管、椎間孔が元の位置に回復がされて脊柱管狭窄症や椎間孔(神経孔)狭窄が速く自然治癒、生活完治、再発防止できます。

    脊柱管狭窄症の手術勧告基準

    腰椎4、5番を基準に、正常の脊柱管前後直径13mm、左右直径が16mm、水平切断面の面積が75-100㎟で、神経孔(椎間孔)の高さが5mmであり、正常基準で2/3以下に狭くなる場合、脊柱管狭窄症手術(脊柱管、椎間孔の拡張手術)治療を検討するのが一般的で、脊柱管や椎間孔の状態がどうかを正確に知ってから治療方法を決めなければなりません。

    "脊柱管狭窄症の施術類は副作用、後遺症が多く、すでに廃棄された治療法でありまして一度手術を受けてしまったら二度目三度目の手術を招かざるを得なくなりますので最初から脊柱管狭窄症に手を出さないようにするのが完治への一方であるでしょう。
    代わりに下記を参考にし脊柱管狭窄症をリハビリ管理するともっと早く自然治癒、生活完治できることに間違いありません。"

    <脊柱管狭窄症薬、注射、施術、手術、副作用なしで自然治癒、生活完治、再発防止治療法の概要>

    脊柱管狭窄症に良い食べ物であるタンパク質の多い、免疫細胞を作ってくれる赤牛肉を ジャーキー、しゃぶしゃぶ、醤油漬けなどで毎日100g以上お召し上がりになるのをお勧めします。また、

    米国専門処方(RX)シューズZ-****(世界的名医中の名医)を疾患、体重、職業、脊椎、骨盤、脚、歩き方矯正状態などに合わせてカスタマイズ調整して履けば、脊椎、骨盤不均衡と足、歩き方矯正が日常、職場(学校)生活の中で矯正されてギブスの役割をする固い整形外科インソールが足を不安なくサポートし、体重を半分に減らす効果のように脊椎の衝撃を50%少なくしてくれスプリングエネルギーリターン(推進力)が50%になり脊柱管狭窄症に無理を与えずに歩くのが非常に楽になり、より遠く歩くことができ、エアシューズに比べて脊椎、下半身の筋肉弛緩、収縮(ポンピング)運動が10倍以上されて、血液、リンパの循環をスムーズにして、血液リンパ中の免疫細胞、鎮痛消炎剤が脊柱管狭窄症自己治療、自然治癒、生活完治条件を作ってくれ脊柱管狭窄症がより速く自然治癒、生活完治、再発防止されます。

    米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が脊柱管狭窄症リハビリ治療に処方する米国専門処方(RX)シューズZ-****をカスタマイズ調整して履き、日常、職場(学校)生活して脊柱管狭窄症のリハビリは脊柱管狭窄症患者に特化したRX前支え、RX反動、RXランジ、RX鉄棒、RXスクワット、RX万歳、RX坂歩き(ランニングマシン上)をすると仕事も歩きも 楽で脊椎、下半身の筋肉も強化されて脊柱管狭窄症に無理与えず運動ダイエットもでき、脊柱管狭窄症もより早く、自然治癒、生活完治、再発防止されます。

    用語説明(米国シューズ分類基準):処方(RX)シューズとは?
    職業、体重、疾患、脊椎側湾、姿勢、骨盤状態、足の長さの差、膝、足首の角度、歩き方、扁平足、足の形に合わせ簡単に個人別カスタマイズフィッティングする専門靴(整形外科インソール基本付き)で、米国医者達が足、足首、脚、膝、股関節、腰保護、予防、リハビリ、矯正、治療に処方(RX)する靴を通称する。つまり、運動する時にスニーカー履いて登山するときは、登山靴履くと同じように病気を予防したり、疾患があってリハビリ、矯正治療時に履く靴が処方(RX)シューズである。
    健康、美容とファッション > ダイエット、フィットネス
    詳しくはこちら
    • 同意数6(16-10)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Tue, 27 Aug 2019 07:21:51
    • 閲覧数 16
    質問

    こんにちは、私は会社を1カ月間休みその後病院に行きました腰椎狭窄症と診断されましたその後1カ月間休み今は出社してますが傷病手当を申請しようと思い病院に行き診断書を書いて貰いましたが1カ月間のみでした。傷 病手当は1カ月間のみでしょうか?
    アンサー
    回答

    仕事をしながら、脊柱管狭窄症を治療する、非常に良い食べ物、良い靴、良いRXリハビリ運動治療法が以下のようにあります。

    一般の筋トレやコア運動をしますと脊柱管狭窄症がもっと悪化される可能性ありますし、また痛くてしようとしてもできないので米国専門処方(RX)シューズジィーコイルをカスタマイズ調整して履き、脊柱管狭窄症患者用で特化されたリハビリ運動であるRX前支え運動、RX反動、RX万歳、RX鉄棒、RXスクワット、RXランジ、RX坂歩き(ランニングマシン上)するともっといいでしょう。

    以前は脊柱管や椎間孔(神経孔)は、先天的な要因はなく後天的な要因によって一度狭くなると再び原状復帰ができないと知られていましたが、ハーバード大学医学部など米国医大実験結果により下記を参照してリハビリ治療などをするとより活性化された免疫マクロファージが脊柱管、椎間孔内の異物などを食って脊柱管、椎間孔の空間を広げ、米国専門処方(RX) シューズZ-****の正しい姿勢保持機能で脊柱管、椎間孔が元の位置に回復がされて脊柱管狭窄症や椎間孔(神経孔)狭窄が速く自然治癒、生活完治、再発防止できます。

    脊柱管狭窄症の手術勧告基準

    腰椎4、5番を基準に、正常の脊柱管前後直径13mm、左右直径が16mm、水平切断面の面積が75-100㎟で、神経孔(椎間孔)の高さが5mmであり、正常基準で2/3以下に狭くなる場合、脊柱管狭窄症手術(脊柱管、椎間孔の拡張手術)治療を検討するのが一般的で、脊柱管や椎間孔の状態がどうかを正確に知ってから治療方法を決めなければなりません。

    "脊柱管狭窄症の施術類は副作用、後遺症が多く、すでに廃棄された治療法でありまして一度手術を受けてしまったら二度目三度目の手術を招かざるを得なくなりますので最初から脊柱管狭窄症に手を出さないようにするのが完治への一方であるでしょう。
    代わりに下記を参考にし脊柱管狭窄症をリハビリ管理するともっと早く自然治癒、生活完治できることに間違いありません。"

    <脊柱管狭窄症薬、注射、施術、手術、副作用なしで自然治癒、生活完治、再発防止治療法の概要>

    脊柱管狭窄症に良い食べ物であるタンパク質の多い、免疫細胞を作ってくれる赤牛肉を ジャーキー、しゃぶしゃぶ、醤油漬けなどで毎日100g以上お召し上がりになるのをお勧めします。また、

    米国専門処方(RX)シューズZ-****(世界的名医中の名医)を疾患、体重、職業、脊椎、骨盤、脚、歩き方矯正状態などに合わせてカスタマイズ調整して履けば、脊椎、骨盤不均衡と足、歩き方矯正が日常、職場(学校)生活の中で矯正されてギブスの役割をする固い整形外科インソールが足を不安なくサポートし、体重を半分に減らす効果のように脊椎の衝撃を50%少なくしてくれスプリングエネルギリターン(推進力)が50%になり脊柱管狭窄症に無理を与えずに歩くのが非常に楽になり、より遠く歩くことができ、エアシューズに比べて脊椎、下半身の筋肉弛緩、収縮(ポンピング)運動が10倍以上されて、血液、リンパの循環をスムーズにして、血液リンパ中の免疫細胞、鎮痛消炎剤が脊柱管狭窄症自己治療、自然治癒、生活完治条件を作ってくれ脊柱管狭窄症がより速く自然治癒、生活完治、再発防止されます。

    米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が脊柱管狭窄症リハビリ治療に処方する米国専門処方(RX)シューズZ-****をカスタマイズ調整して履き、日常、職場(学校)生活して脊柱管狭窄症のリハビリは脊柱管狭窄症患者に特化したRX前支え、RX反動、RXランジ、RX鉄棒、RXスクワット、RX万歳、RX坂歩き(ランニングマシン上)をすると仕事も歩きも 楽で脊椎、下半身の筋肉も強化されて脊柱管狭窄症に無理与えず運動ダイエットもでき、脊柱管狭窄症もより早く、自然治癒、生活完治、再発防止されます。

    用語説明(米国シューズ分類基準):処方(RX)シューズとは?
    職業、体重、疾患、脊椎側湾、姿勢、骨盤状態、足の長さの差、膝、足首の角度、歩き方、扁平足、足の形に合わせ簡単に個人別カスタマイズフィッティングする専門靴(整形外科インソール基本付き)で、米国医者達が足、足首、脚、膝、股関節、腰保護、予防、リハビリ、矯正、治療に処方(RX)の靴を通称する。つまり、運動する時にスニーカー履いて登山するときは、登山靴履くと同じように病気を予防したり、疾患があってリハビリ、矯正治療時に履く靴が処方(RX)シューズである。
    ビジネス、経済とお金 > 保険 > 社会保険
    詳しくはこちら
    • 同意数10(17-7)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Thu, 22 Aug 2019 14:05:49
    • 閲覧数 9
    質問

    腰痛と足痺れで生活が大変つらいです。
    病院治療を受けている最中ですが、脊椎管狭窄症に良い運動と食べ物を調べています。
    どなたか教えてください。
    アンサー
    回答

    脊柱管狭窄症の手術せずに治療できる世界的名医中の名医は米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が脊柱管狭窄症リハビリ治療に処方する米国専門処方シューズです。

    一般の筋トレやコア運動をしますと脊柱管狭窄症がもっと悪化される可能性ありますし、また痛くてしようとしてもできないので米国専門処方シューズジィーコイルをカスタマイズ調整して履き、脊柱管狭窄症患者用で特化されたリハビリ運動であるRX前支え運動、RX反動、RX万歳、RX鉄棒、RXスクワット、RXランジ、RX坂歩き(ランニングマシン上)するともっといいでしょう。

    以前は脊柱管や椎間孔(神経孔)は、先天的な要因はなく後天的な要因によって一度狭くなると再び原状復帰ができないと知られていましたが、ハーバード大学医学部など米国医大実験結果により下記を参照してリハビリ治療などをするとより活性化された免疫マクロファージが脊柱管、椎間孔内の異物などを食って脊柱管、椎間孔の空間を広げ、米国専門処方 シューズの正しい姿勢保持機能で脊柱管、椎間孔が元の位置に回復がされて脊柱管狭窄症や椎間孔(神経孔)狭窄が速く自然治癒、生活完治、再発防止できます。

    脊柱管狭窄症の手術勧告基準

    腰椎4、5番を基準に、正常の脊柱管前後直径13mm、左右直径が16mm、水平切断面の面積が75-100㎟で、神経孔(椎間孔)の高さが5mmであり、正常基準で2/3以下に狭くなる場合、脊柱管狭窄症手術(脊柱管、椎間孔の拡張手術)治療を検討するのが一般的で、脊柱管や椎間孔の状態がどうかを正確に知ってから治療方法を決めなければなりません。

    "脊柱管狭窄症の施術類は副作用、後遺症が多く、すでに廃棄された治療法でありまして一度手術を受けてしまったら二度目三度目の手術を招かざるを得なくなりますので最初から脊柱管狭窄症に手を出さないようにするのが完治への一方であるでしょう。
    代わりに下記を参考にし脊柱管狭窄症をリハビリ管理するともっと早く自然治癒、生活完治できることに間違いありません。"

    <脊柱管狭窄症薬、注射、施術、手術、副作用なしで自然治癒、生活完治、再発防止治療法の概要>

    脊柱管狭窄症に良い食べ物であるタンパク質の多い、免疫細胞を作ってくれる赤牛肉を ジャーキー、しゃぶしゃぶ、醤油漬けなどで毎日100g以上お召し上がりになるのをお勧めします。また、

    米国専門処方シューズ(世界的名医中の名医)を疾患、体重、職業、脊椎、骨盤、脚、歩き方矯正状態などに合わせてカスタマイズ調整して履けば、脊椎、骨盤不均衡と足、歩き方矯正が日常、職場(学校)生活の中で矯正されてギブスの役割をする固い整形外科インソールが足を不安なくサポートし、体重を半分に減らす効果のように脊椎の衝撃を50%少なくしてくれスプリングエネルギーリターン(推進力)が50%になり脊柱管狭窄症に無理を与えずに歩くのが非常に楽になり、より遠く歩くことができ、エアシューズに比べて脊椎、下半身の筋肉弛緩、収縮(ポンピング)運動が10倍以上されて、血液、リンパの循環をスムーズにして、血液リンパ中の免疫細胞、鎮痛消炎剤が脊柱管狭窄症自己治療、自然治癒、生活完治条件を作ってくれ脊柱管狭窄症がより速く自然治癒、生活完治、再発防止されます。

    米国の医療保険に適用され、米国の医療スタッフが履き、米国の医師が脊柱管狭窄症リハビリ治療に処方する米国専門処方シューズをカスタマイズ調整して履き、日常、職場(学校)生活して脊柱管狭窄症のリハビリは脊柱管狭窄症患者に特化したRX前支え、RX反動、RXランジ、RX鉄棒、RXスクワット、RX万歳、RX坂歩き(ランニングマシン上)をすると仕事も歩きも 楽で脊椎、下半身の筋肉も強化されて脊柱管狭窄症に無理与えず運動ダイエットもでき、脊柱管狭窄症もより早く、自然治癒、生活完治、再発防止されます。

    用語説明(米国シューズ分類基準):処方シューズとは?
    職業、体重、疾患、脊椎側湾、姿勢、骨盤状態、足の長さの差、膝、足首の角度、歩き方、扁平足、足の形に合わせ簡単に個人別カスタマイズフィッティングする専門靴(整形外科インソール基本付き)で、米国医者達が足、足首、脚、膝、股関節、腰保護、予防、リハビリ、矯正、治療に処方する靴を通称する。つまり、運動する時にスニーカー履いて登山するときは、登山靴履くと同じように病気を予防したり、疾患があってリハビリ、矯正治療時に履く靴が処方シューズである。
    健康、美容とファッション > 健康、病気、病院 > 病気、症状
    詳しくはこちら
    • 同意数15(16-1)
    • 回答数2
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    ページ先頭へ