恣意的の疑問や悩み - ナレッジリーフ@知識の葉

Yahoo!知恵袋疑問や悩みを検索

知恵袋Q&Aで悩みを解決!

-PR-
  • 教養と学問、サイエンス > サイエンス > 物理学
  • Tue, 15 Oct 2019
  • 質問No. 8884394

解決
済み
Q 恣意的の疑問や質問

  • 閲覧数4
  • 質問総数49

A恣意的のQ&A回答一覧

    Yahoo!知恵袋

    • 投稿日時 - Tue, 15 Oct 2019 23:57:05
    • 閲覧数 4
    質問

    ・ノーベル物理学賞賞は、どんなことをやったの。 ・ノーベル物理学賞賞は、どんなことをやったの。
    アンサー
    回答

    物理学の分野において重要な発見を行った人物に授与される賞。

    物理学は、自然界に見られる現象には、人間の恣意的な解釈に依らない普遍的な法則があると考え、自然界の現象とその性質を、物質とその間に働く相互作用(力学的理解)、物質をより基本的な要素に還元(原子論的理解)して理解する自然科学の一分野の学問。

    X線の発見、青色発光ダイオードの発明、太陽系外惑星の発見とか
    教養と学問、サイエンス > サイエンス > 物理学
    詳しくはこちら
    • 同意数-5(0-5)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Sun, 13 Oct 2019 12:07:55
    • 閲覧数 12
    質問

    数列について。 数列について。 一般項an=(4n+6)/n(n+1)(n+2)の数列の初項から第n項までの和を求めよ。
    この問題の解き方を教えてください。
    アンサー
    回答

    an=(4n+6)/n(n+1)(n+2)
    =2/n(1/(n+1)+1/(n+2))
    =2/n(n+1)+2/n(n+2)
    =2(1/n-1/(n+1))+1/n-1/(n+2)より
    S=2(1-1/(n+1))+1+1/2-1/(n+2)-1/(n+1)
    =7/2-3/(n+1)-1/(n+2)
    =7/2-(4n+7)/(n+1)(n+2)
    =(7(n+1)(n+2)-2(4n+7))/2(n+1)(n+2)
    =n(7n+13)/2(n+1)(n+2)

    通分はしなくてよい。
    分解はかなり恣意的。
    教養と学問、サイエンス > 数学
    詳しくはこちら
    • 同意数8(17-9)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Sun, 13 Oct 2019 03:01:23
    • 閲覧数 4
    質問

    コメントの内容が建設的であるか否かを機械に自動判定
    YahooのAIなんて信用できますか? ていうか、AIそのものが機械学習のチューニングを通じて恣意的な出力を傾向付けされる可能性が高く、信用に足るものではないと思います。
    http://www.yahoo.co.jp/
    アンサー
    回答

    いまいち信用できませんね。
    Yahoo! JAPAN > Yahoo!サービス
    詳しくはこちら
    • 同意数-3(15-18)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Thu, 10 Oct 2019 11:05:38
    • 閲覧数 6
    質問

    憲法を改正して「日本のよき伝統を守る」義務を何らかの形で書き込むべきであるという主張について、あなたは、賛成ですか、反対ですか? 憲法を改正して「日本のよき伝統を守る」義務を何らかの形で書き込むべきであるという主張について、あなたは、賛成ですか、反対ですか? そしてその理由を教えてください。
    アンサー
    回答

    反対です。

    曖昧な規約は、権力者に恣意的に扱われ、非常に危険です。

    その例の最たるものは、共産主義国にだいたいあった"反革命罪"。革命に反する行為を死刑を含む刑罰に処すという法律ですが、その行為の基準が曖昧だったため、粛正の口実に用いられました。
    ニュース、政治、国際情勢 > 政治、社会問題
    詳しくはこちら
    • 同意数5(12-7)
    • 回答数3
    • 投稿日時 - Wed, 09 Oct 2019 12:28:35
    • 閲覧数 15
    質問

    なぜ、日本や日本人って精神的虐待(心理的虐待とも)には嘲笑や侮辱、人格否定、嫌味や悪口なども含まれると認識していないのですか?
    アンサー
    回答

    そもそも、日本では恣意的に、WHOの健康の定義すら書き換えられてますからね。

    多分、今の日本では目に見えない魂などを信じる人が少ない。魂と言うと気持ち悪いなどとも言うほど。

    しかし、WHOでは、健康の定義が、Health is a dynamic state of complete physical, mental, spiritual and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity.

    とあり、「肉体的、精神的、魂、社会的にも満たされた状態」としているのですが、日本語訳の教科書などではこの「魂、スピリチュアル」は削除されているのです。

    大学時代、なぜかと教授に聞いたことがありますが、日本がまだそこまで行っていないといわれましたが、私は違うと思います。

    昔の日本は、魂を信じる人民だった。だから、一つになり、物凄いエネルギーがあったが故に、世界からは危険視されてきたわけです。こいつらまとまると何をするかわからないよって。

    それを解体する為に、日本人がダマにならないように、様々な手を使い、魂を解体させられた。今はスマホ漬け、スポーツ、エンタメ漬け、個性などと言う言葉に乗せられて、国民がバラバラになってますよね?

    だから、今は、まんまと互いに否定しあい罵倒し合う、そんな寂しい状態なんだと思いますよ。
    生き方と恋愛、人間関係の悩み > 恋愛相談、人間関係の悩み
    詳しくはこちら
    • 同意数1(1-0)
    • 回答数4
    • 投稿日時 - Mon, 07 Oct 2019 16:01:04
    • 閲覧数 26
    質問

    今年の5月に転職を致しました。
    契約社員として採用して頂いたのですが試用期間が3ヶ月、社会保険も試用期間が終わってからつくと説明を受けました。
    が、3ヶ月を立った今でも契約社員どころか保険すら適用もされてい ません。
    試用期間中はパート扱いらしく、給料も時給です。
    契約社員であれば月給制なのでだいぶ給料の差が激しく、正直生活が苦しいです。
    試用期間が終わった今でも時給…
    会社側からもなにも言われません。
    そして入社した際もなんの書類もかわさなかったのですが(雇用保険などもなし)
    ブラックなのでしょう...
    アンサー
    回答

    読んだ範囲からは相当ブラックな臭いのする怪しい会社という印象を受けます。
    まず、健康保険、厚生年金保険、雇用保険が適用されていないということで、フルタイムで期間の定めのない労働契約を締結して試用期間であることを理由にこれらの社会保険を適用しないのは違法です。
    試用期間の間はパート扱いすることは、労働契約の内容によって直ちに違法というわけではありませんが、時間外勤務手当の不支給も違法ですし、パートの身分であることは社会保険に加入させない正当な理由になりません。
    試用期間の延長は、当初3ヶ月ということのようですが、これを延長するには正当な理由と労働者が納得する必要があります。
    試用期間の間の労働者は不安定な立場にあることから、会社の恣意的な運用は判例もこれを戒めています。
    欠勤が多いなどは客観的に双方が認識しやすいのですが、能力の不足等は会社の方が根拠を示す必要があると考えられます。
    在職中は難しい問題ですが、労働契約や時間外勤務手当の不支給などは労働基準監督署、社会保険については年金事務所、雇用保険についてはハローワークが窓口となります。
    ビジネス、経済とお金 > 保険 > 社会保険
    詳しくはこちら
    • 同意数-5(9-14)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Mon, 07 Oct 2019 14:18:53
    • 閲覧数 19
    質問

    同性婚に賛成する人は74% 同性婚に賛成する人は74% LGBTを名乗る軍団は
    ネット上にこのような怪しい
    グラフを設立していますが
    実際には反対74%の確率のほうが高いです
    それを自由に改変できるのです
    このような改変されたグラフが
    存在することは許されるのか?
    アンサー
    回答

    恐らくその数値は二回か三回に分けて最終的な都合の良い数値に出来あがっていると思います。

    最初はおそらく無作為のネット調査を依頼(LGBT支援広告代理店)して其れらしい広告閲覧者に数項目ある設問にLGBTに関係する例えばファッション性やライフワークとに関連付け男女、年代の興味が有りそうなネットユーザーを個別回答者に後日『LGBT』問題に関係するアンケート調査を再度、再々度するよに篩をかけ最終的には高純度(70%)の恣意的な数値を出させています。
    生き方と恋愛、人間関係の悩み > 恋愛相談、人間関係の悩み
    詳しくはこちら
    • 同意数17(20-3)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Fri, 04 Oct 2019 22:41:30
    • 閲覧数 0
    質問

    1997年から大蔵省内部で預金封鎖の計画が練られ 外国人資産を除外するために
    現在は国民総背番号制が必須と結論つけられたそうですが マイナンバー制度は預金封鎖の布石 というのははっきりしてきました
    終戦後の預金封鎖はGHQの指令で 既得権益者と外国人が手作業で預金封鎖の資産没収対象から免れました

    逆の間違った説明をした人間が マイナンバー制度と預金封鎖の関係を否定しても
    説得力がありませんよね?
    アンサー
    回答

    マイナンバー制度は預金封鎖の布石
    と言うことを認めない人って見識のカケラもないんですよ
    どうやら ハイパーインフレ=預金封鎖 と勘違いしている人がいますね

    キプロスの預金封鎖はインフレ率ゼロでした
    つまり 物価水準と預金封鎖は関係なく
    預金封鎖は「起きるもの」ではなく 政府がその気になったら「起こすもの」です

    終戦後の預金封鎖は第一封鎖預金と第二封鎖預金に分けて
    第一封鎖預金は 生活用資金として金額に政権を設けて引き出し可能
    第二封鎖預金は 切り捨て すなわち「没収」です。

    これは財産税とは関係なく
    銀行のバランスシート面でみると 銀行が預金者に対して負っている債務がなくなる一方で 国や軍需産業に持っている債権が相殺されてなくなったと言う話。
    この預金切り捨ては GHQの恣意的な指令で 外国人と既得権益者の資産は外されました。これを手作業でしたのが 大蔵官僚です。
    今のご時世は それまで国交断絶状態ではないので 手作業でできるはずがなく
    絶対にマイナンバーが必要と言う話ですね。

    マイナンバーが無くても預金封鎖ができると言うのも間違い。
    犯罪収益移転防止法では個々の脱税は追えますが
    現在の口座には 「個人 法人 日本人 外国人」と言うフラグはついていませんから

    ・預金封鎖は1946年2月ですがその前の1945年10月にGHQから財産税の指令が日本政府に来ています。これはのちに日銀の発券局長が認めています。
    ・「日本銀行職場百年史」によると1945年10月9日に大蔵大臣に就任しした渋沢敬三が真剣に預金封鎖と新円切り替えを考えたのは11月と回想しています

    これにより当初は1946年10月頃に預金封鎖を行うことで調整していたものを先にインフレが急速に進んだもので急遽2月に繰り上げて行うことになります。

    本来なら1946年10月までの間に、一部の資産家や政治家は資産を逃がす準備期間としては十分であろうと考えられていたところに繰り上げになりましたが彼らには抜け道が用意されることになります。

    GHQや大蔵省に対して政治的に働きかけて一部の人間は封鎖解除してもらうことがあったそうです。平成元年2月8日の日経産業新聞に掲載された福田赳夫(元首相、当時は大蔵官僚)の回想で明らかにされています。
    福田赳夫はGHQや吉田茂に呼び出されて便宜をはかるように求められることがたびたびあったそうです。

    このような経緯を考えても 外国人は免責されたと考えるのが妥当でしょう。

    なお 預金封鎖が実施されている中でも旧円で株を買い新円で売り抜けることは可能だったのでそのような抜け道を教えてもらって財産没収を免れた人もいたそうです。

    今の日本で預金封鎖をするにはマイナンバーで事前に区分けしていれば
    こんな手間暇はかかりませんからマイナンバーは絶対に浸透させたいでしょうねぇ


    マイナンバーの目的は国民の財産を国内で閉じ込めて奪い去るためです。
    隠し収入ではなく 日常生活をしている国民の財産を狙うものです。

    隠し収入? 不正摘発? そんなの全部デマですよ。
    そんなものを洗い出す気があるなら パナマ文書をほおっておかないでしょ?
    あれを調べる気はないと安倍政権は明言しましたよ。
    つまり マイナンバーが始まる前に隠し収入は全部国外に逃がして自分だけ助かる道を模索して後は危機感を持っていない愚民の財産を搾り取ろうってことでですよ。

    だいたいマネロン対策なんてマイナンバーがなくてもとっくにできているのです。
    根拠は山ほどあります。

    ①不正口座はとっくに撲滅されています。
    https://www.npa.go.jp/sosikihanzai/jafic/hourei/law_com.htm
    犯罪収益移転防止法
    これって アメリカの年次要望書で国際テロリストの隠し資産をあばくために要求されて制定された法律です。国際テロリストの資金も撲滅できると警察のページに書いてあります。ましてや日本の零細脱税チャレンジ者が資産は隠せるわけがない。これを否定して「マイナンバーがないと不正が摘発できない」なんて言うのは警察の否定や誹謗中傷に当たります。
    また口座開設時から本人確認が必要とされ、10万円以上の入出金や海外送金はすべて捕捉されます。怠れば金融機関が処罰されます。仮名口座は絶対にできません。またマイナンバーがなくてもその気になればこの法律の法改正でいつでも10万円の壁を取り払うことができます。故に マイナンバーは必要としません。

    ②海外送金はマイナンバーがなくてもストップできます。
    2004年に施行された外為法改正では、内閣総理大臣の独裁で海外送金をストップできますのでこうなれば逃がすことはできません。これは裏話がありますね。当初は拉致問題がらみで北朝鮮への経済制裁が理由になっていました。与党の自民党と野党の民主党の修正協議があった時に、民主党が事前の国会承認と法律の条文に「北朝鮮への経済制裁を目的とする」と明記するのを要求したのに、財務省がしゃしゃり出て自民党をそそのかして潰しています。つまり、首相の独裁で海外送金を首相の一存で止める措置は可能です。簡単に言えばすべての国民の資産を国内に閉じ込めることができるようになったということ。

    ③財務省はマイナンバーに正確な収入の捕捉を目的としていません。
    2004年の冒頭に当時の小泉首相が「年内に納税者番号制を実現させる」と言ったことがあります。その納税者番号制とは以下のようなものです。
    https://www.jri.co.jp/page.jsp?id=13599
    ここのキーワードを並べる
    金融資産課税の一体化(株や預貯金などの税制)
    損益通算範囲や損失繰り越し期間が十分に認められない制度となるようであれば、名ばかりの金融資産課税の一体化との謗りは免れない。

    つまり
    当時の個人所得税は税収で約15兆円 (こっちには番号制は導入しません)
    当時の金融資産性所得への課税は税収で1兆円弱 (こっちに番号制を導入します)
    そして 株などのリスク資産を所得と合算する「正しい所得」の捕捉はする気はないので金融資産性所得だけに限定して 個人資産の元本だけ特定するってことですね。 事実、財務省は2000年以降個人所得税と金融資産性所得への課税の合算(海外ではアメリカやイギリスなど総合課税として常識です)は徹底的に抵抗して潰しています。

    これらのことを総合的に考えれば番号制目的は 正確な所得ではなく金融資産の元本の情報だけ。隠し所得などに目的としていないと断言できます。

    ④出国税の創設
    自民、公明両党は2014年12月30日、2015年度与党税制改正大綱を正式に決定しし、富裕層対策として「出国税(Exit Tax)」を導入し、2015年7月1日より実施に移しました。
    その概要は、株式などに係る金額の合計額を1億円以上保有している者が出国する(非居住者となる)とき、その時点において株式などを譲渡したものとみなして課税しようとするもので、富裕層のキャピタルフライトの防止を狙っています。
    海外移住は不正でも何でもないです。単に 日本の納税者であることをやめるなら懲罰で財産を奪うと脅迫しているだけ。

    ⑤会社員がマイナンバーを会社で未提出でも問題にならない。
    会社にマイナンバーを出さなくても国税当局は目くじらを立てない

    もしマイナンバー制度が隠し収入をあばく目的ならこんなことはあり得ませんよ。提出しないもの勝ちになってしまいますからね。
    でも実際は①の通り口座がらみの入出金は別の法律で捕捉されているので脱税は起こり得ないから問題にされないのです。


    これらのことを考えれば
    ①と⑤よりマイナンバーがなくても隠し収入はあぶりだすことは可能で、
    ③でそもそも所得の捕捉を目的としていないことは明らかであり、かつ金融資産の元本捕捉にあることも明らかである。つまり不正など関係ない。
    ②と④で資産を海外に逃がしたくない、また逃がしたらその情報を捕捉したい
    こんな事実が浮き彫りになっているだけ。即ち 収入の捕捉ではなく国内に資産を閉じ込めて奪い去る目的であるのは明白でしょ?

    目的は預金封鎖に他ならない
    http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12155763662
    よく「高率のインフレにならないと預金封鎖にはならない」と言う間違いを言う人がいますが預金封鎖ってのは経済の混乱から追い込まれるケースの方が少ないです。2013年のキプロスなどほぼ物価上昇はゼロで国策で預金封鎖をやりましたからね。
    鎖国ならいざ知らずTPPやらでグローバル化をしようとしている国では 今後はマイナンバーなくして預金封鎖は不可能なんですよ。無差別預金封鎖は海外の資産も全部巻き込んで奪い去ることになるので国際的な孤立を招きます。



    こんな制度を導入する人間の本音は個人主義の否定であり国民の利益を犠牲にすることが前提ですから一切信用来ませんよ
    ニュース、政治、国際情勢 > 政治、社会問題 > マイナンバー
    詳しくはこちら
    • 同意数-1(7-8)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Fri, 04 Oct 2019 08:45:43
    • 閲覧数 15
    質問

    衆議院議員が変わる場合任期満了、69条解散、7条解散の3パターンがあると思うのですが一番一般的(これまでに多かった)なパターンはどれですか? 衆議院議員が変わる場合任期満了、69条解散、7条解散の3パターンがあると思うのですが一番一般的(これまでに多かった)なパターンはどれですか?
    アンサー
    回答

    現憲法下での衆議院総選挙は第24回(1949年)~第48回(2017年)まで25回行われています。

    その内任期満了によるものは第34回(1976年)の一度きり。
    いわゆる69条解散によるものは4回です。

    残りの20回はいわゆる7条解散によるもので、実際上これが常態化しています。

    http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_annai.nsf/html/statics/shiryo/senkyolist.htm#HeadLogo




    いわゆる7条解散は実務的には定着しているとは言え、現在でも憲法違反とする見解は有力です。

    時の政権が都合の良い時期に恣意的に議会を解散するのは、民主主義制度として疑問視する見方は多く、世界でもこうした解散権は禁止されていく方向です。

    日本が憲政の手本としてきたイギリスでも2011年の議会任期固定法で自由な解散権はなくなりました。
    ニュース、政治、国際情勢 > 政治、社会問題
    詳しくはこちら
    • 同意数-2(6-8)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Fri, 04 Oct 2019 04:11:20
    • 閲覧数 66
    質問

    したいことをして生きる? 生き方ですごく悩んでいます。プログラミングを勉強している理由は・・・



    皆さんは、情熱をもって仕事をしてるのでしょうか。
    例えば、こういう世の中にしたいからやっているとか、喜んでもらえるのが幸せだからやっているとかいう生き方です。


    私は転職活動中です。
    プログラミングを勉強中です。
    理由は、好きなブロガーさんがいて、旅をしつつ生きている自由な生き方がいいなと思ったからです。
    プログラミングで世界を変えたいとかはあまり思えずです。
    そんな理由なので、転職の動機と...
    アンサー
    回答

    はっきり言いますね。
    ID非公開だと、情報は文面だけです。

    その文面が、小学生のエッセーのようでは、話にならんですよ。
    恣意的に書くこと自体は否定しませんが、
    『生き方ですごく悩んでいます』
    という方の質問であれば、年代、性別、配偶者の有無、そして現在の仕事の内容とおおよその収入、くらいは開示しないと。

    これらを全部伏せたままでは、新宿の母とかイタコを頼るしかないですよ。
    ま、ただ愚痴を洩らしただけなのでしょうが、こういう自己表現が習性になってしまうと、厄介です。
    ご自分への投資だと思って、少しだけ自分をさらけ出す努力をしてみては、どうでしょう。

    ブロガーをめざすにしても、友人や仲間に支えられてこそ、道は拓けます。
    その最初の一歩が、正直な自分を出すことだ、と思います。
    したいことをして生きるためには、仮面を脱ぎすてなければなりません。
    生き方と恋愛、人間関係の悩み > 恋愛相談、人間関係の悩み
    詳しくはこちら
    • 同意数9(12-3)
    • 回答数2
    -PR-
    -PR-
    1 2 3 4 5 次へ 
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    ページ先頭へ