密輸出の疑問や悩み - ナレッジリーフ@知識の葉

Yahoo!知恵袋疑問や悩みを検索

知恵袋Q&Aで悩みを解決!

-PR-
  • ニュース、政治、国際情勢 > 政治、社会問題
  • Fri, 11 Oct 2019
  • 質問No. 8484906

解決
済み
Q 密輸出の疑問や質問

  • 閲覧数16
  • 質問総数2

A密輸出のQ&A回答一覧

    Yahoo!知恵袋

    • 投稿日時 - Fri, 11 Oct 2019 19:20:12
    • 閲覧数 16
    質問

    北朝鮮のミサイルが急激に発達したのは、先進国の情報が盗まれ、日本からも関連機器が密輸出されいいるのではないでしょうか(中国もしかり)。西洋諸国や日本の裏社会が金りために活動してると思います。 世界の平和あっての、個人の平和との思いの片鱗もないのでしょう。どう思われますか。
    アンサー
    回答

    最近の北朝鮮のミサイルは、アメリカのミサイルに酷似したものがあったり、ロシアの最新技術と取り入れた可能性のものがあったり、かなり進歩しているらしいです。
    北朝鮮にとっては、ミサイルというのが威嚇の為には一番コストパフォーマンスの高い兵器なので、全力を投入して開発してるということと思います。

    中国はもちろんありとあらゆる手を使って、軍事情報や産業情報をスパイしてるのは周知の事実です。
    北朝鮮の場合も、韓国の親北勢力経由でアメリカや日本の技術が流れたり、ロシアからは直接支援してもらってるでしょう。

    >個人の平和との思いの片鱗もないのでしょう。
    残念ですが、平和より金が重要な輩は多くいるのが現実世界です。
    ニュース、政治、国際情勢 > 政治、社会問題
    詳しくはこちら
    • 同意数-7(0-7)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Wed, 25 Sep 2019 21:39:15
    • 閲覧数 27
    質問

    アメリカでモデルガンの一部を実銃のパーツに変えてebayなどで日本と取引を繰り返せば日本国内で実銃を組み立てることは可能でしょうか アメリカでモデルガンの一部を実銃のパーツに変えてebayなどで日本と取引を繰り返せば日本国内で実銃を組み立てることは可能でしょうか
    アンサー
    回答

    昔某国際宅配便で仕事をしていたので分かりますが、銃の持ち込みは危険です。
    税関にはX線検査装置があります。
    港や空港にある大きなものでは、コンテナをそっくりそのままX線検査できるものもあって、金属がまるで透明プラスチックのように透けて見えてしまいます。

    当然、銃の形をしたものは真っ先にチェックします。
    申告がtoy gunとなっていても目視確認することが殆どです。
    私も検査(内容点検、内点といいます)をしたことがありますが、不審なものが出れば即税関と警察機関に連絡が行きます。
    ですから、銃の密輸はリスクが非常に高いので持ち込みは困難と言えるのでは無いかと。


    国際貨物の関係者や税関職員に協力者がいれば、高確率で持ち込みは可能です。
    飛行機や船に乗って日本宛に届いた荷物は、保税倉庫というところで保管されますが、ここはまだ通関が終わっていないため法律上は日本に荷物がまだ届いていない扱いです。
    ですから、一般には外界とは厳重に遮断されていて許可された人以外は保税倉庫には入れません。
    しかし、貨物関係者や税関職員は保税倉庫に入る事が出来ますから、その気になれば荷物の一つ二つ、持ち去ることは可能です。

    また、大量の貨物を扱う商社は、コンテナのまま輸入手続きを行い、通関が終わればそのコンテナをトレーラーに搭載してそのまま流通します。
    こういう商社は税関に届け出されている事業者なので信頼があり、輸入手続きは一般より簡略化されています。
    ですから、そこに一個や二個の禁制品が紛れていたとしてもばれない場合はあるかも知れません。

    ただし殆どの場合、保税倉庫やコンテナに関わる人は通関士の資格保有者ということになるので、仮にばれた場合は一般の人間よりもずっと厳しい刑罰が下されることは間違いありません。


    9.11テロ以前は、手荷物持ち込みも国際貨物も今ほど厳しいものでは無かったようです。
    実際、日本でオウム事件に関わった人物が機械の隙間に銃の部品を忍ばせることで自動小銃を何丁も持ち込んでおり、逮捕の際に発見した警察関係者は「戦争でも始める気か」と吐露したそうです。


    税関はボーダーラインとも言われるように、海外から国を守る砦の一つとなっていますから、そのシステムの信頼性を損ねるのみならず、国の信頼を損ねることにつながる密輸入、密輸出には大変厳しい罰則が設けられています。

    そのようなわけで、銃や麻薬の密輸はハイリスクで、単にコレクションなどという理由で持ち込むにはリスクばかりで良いことはない、ということになります。
    エンターテインメントと趣味 > 趣味 > ミリタリー
    詳しくはこちら
    • 同意数14(19-5)
    • 回答数8
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    ページ先頭へ