協会公認の疑問や悩み - ナレッジリーフ@知識の葉

Yahoo!知恵袋疑問や悩みを検索

知恵袋Q&Aで悩みを解決!

-PR-
  • スポーツ、アウトドア、車 > スポーツ > サッカー
  • Sat, 21 Sep 2019
  • 質問No. 6249903

解決
済み
Q 協会公認の疑問や質問

  • 閲覧数20
  • 質問総数5

A協会公認のQ&A回答一覧

    Yahoo!知恵袋

    • 投稿日時 - Sat, 21 Sep 2019 20:49:34
    • 閲覧数 20
    質問

    サッカーでよく流れてる「オレ〜オレオレオレ〜」って曲はなんなんでしょう?
    サッカー系の曲かと思ってたけど、ラグビー映画のインヴィクタスでも流れてました
    アフリカのテーマソングとかで すか?
    アンサー
    回答

    昔の日本サッカー協会公認のオフィシャル応援歌

    タイトルは
    「WE ARE THE CHAMP 〜THE NAME OF THE GAME〜」
    スポーツ、アウトドア、車 > スポーツ > サッカー
    詳しくはこちら
    • 同意数-3(16-19)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Wed, 11 Sep 2019 07:08:37
    • 閲覧数 58
    質問

    インドのサンダルウッドのオイル(日本アロマ協会公認?のやつ)ってもう生産されてないんですか?
    アンサー
    回答

    サンダルウッドは絶滅危惧種のためインド政府によって伐採も管理されており、病原菌に感染している以外は樹齢30年以下の木を伐採することを禁じられているほどです。

    花や枝葉のような部分から精油を抽出できる他の植物と違い、心材と根にしか精油成分を含有していない上、木が完全に成熟するまでには60年以上もかかるそうです。

    それでも現在、年間3,000トン前後は抽出されているようなので、インド産の精油が無いわけではありません。
    おもに、フランスとアメリカに輸出されるとのこと。

    インド産のものをお探しならば、ちょっとしたコツがあります。
    現在ではオーストラリア産やニューカレドニア産なども流通しているため、販売側によってはインド産を区別して「サンダルウッド・インディアン」と表記しているところがあります。
    「サンダルウッド インディアン インド 精油 エッセンシャルオイル」などのキーワードで検索してみてください。

    但し、大変紛らわしいのですが「ウエスト・インディアン・サンダルウッド」と呼ばれるアミリス(学名Amyris balsamifera)という精油があります。
    植物としての種も産地(アミリスの主産地は西インド諸島)も違いますが、サンダルウッドの香りに似て(よく嗅げば違いは歴然ですが…)、通称も紛らわしいため混同したまま販売している業者もたまに見かけますので、ご注意くださいね。
    暮らしと生活ガイド > 日用品、生活雑貨 > アロマ
    詳しくはこちら
    • 同意数4(20-16)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Tue, 10 Sep 2019 23:16:32
    • 閲覧数 24
    質問

    トランポリンについてです。 トランポリンについてです。 トランポリンの高校全国大会(インターハイ)に出たいです。本当に出るだけでいいんです。いい成績を残したいわけではなく、最下位でも構いません。
    そのため、出場資格を知りたいです。例えば、東京都トランポリン大会で回転をするなどです。
    私自身の今の実力は大したものではなく、前後1回転ずつできるのと、基礎的な部分ができるくらいです。
    アンサー
    回答

    トランポリンの高校選手権はインターハイではありません。トランポリンは高体連に加盟していないからです。
    そして普及している地域は少ないので、たしか石川県以外は予選はありません。

    今年までは出場資格として、
    1.日本体操協会公認トランポリンコーチ資格を持っている指導者のいるトランポリン団体に所属し、日本体操協会に選手登録すること(高校に部活がなくても民間クラブに所属していれば可)
    2.高校の許可が得られること
    3.第1演技には前宙とバク宙をいれた10種目(すべて異なる種目)でなければならない。

    条件3はおそらく質問者でも満たせたと思います。しかし今年の高校選手権はすでに終了しており、来年からは3の条件が厳しくなり、現時点で通達されているのは、

    4.各都道府県で予選ができるのなら予選を行うこと(予選の条件は高校所在地の都道府県協会で決める)。予選をするほどの競技人口のいない地域の場合は、都道府県協会推薦でも可
    5.予選の有無にかかわらず、第2演技で男子なら42点、女子なら40点とれること(つまりどこかの大会でこの点数をクリアする必要がある)。予選をするような地域なら、この得点レベルでは予選通過は全く無理です。
    質問文から推測すると、宙返りが何とかできるレベルのようですので、演技点はあまり期待できるレベルではないように思われます。それではこの条件はクリアできないと思います。

    なお、宙返りを回転と書いていることから質問者はトランポリン専門のクラブなどではなく、体操教室などでトランポリンを習っているのではないでしょうか?
    同じ体操協会でもトランポリンと体操競技の登録は別ですので、質問者がいる団体の指導者が出場条件を満たしていない可能性もあります。


    出場条件について戻りますが、出場条件は高校のある都道府県によって異なるということです。よって、高校がどの都道府県にあるかが重要です。

    質問者は東京のようですが、トランポリンの高校選手権は高校名で出場することになっていますが、多くの選手は民間のクラブに属している選手です。東京都が来年から予選を行うかはわかりませんが、都内には強豪チームがいくつかありますし、部活のある高校もありますので、予選を行うとなると、選手層が厚いので、かなり厳しいと思います。
    スポーツ、アウトドア、車 > スポーツ
    詳しくはこちら
    • 同意数1(12-11)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Mon, 09 Sep 2019 09:18:57
    • 閲覧数 42
    質問

    プロレスとキックボクシングは接点はあるんですか? 金本浩二、永田裕志、橋本真也、高田延彦など
    もともとは柔道、レスリング、野球といったキックとは
    無縁のスポーツ出身者なのに、プロレスラーに
    なってからはキックボクシング的なキックを多用
    しますが、その理由は何故かな?と思いまして。
    プロレスにおいてキックボクシング的なキックを
    見かけるということは、
    プロレスとキックボクシングは何か関係でも
    あるのかな?と考えているんですが、
    実際のところどうなんですか?
    事情というか歴史みたいなものを教えてく...
    アンサー
    回答

    プロレスとボクシングなどの
    格闘技との繋がりは力道山から始まります。

    そもそも力道山がボクシングが好きで
    力士時代から相撲の稽古を終えると
    ボクシングの練習に熱中してたとのこと。

    そして日本プロレスの時代になると
    マンモス鈴木・星野勘太郎は帝拳ジムに通って
    金平トレーナーからボクシングの特訓を受けてました。

    力道山は渋谷に日本プロレスのオフィスと常設会場として
    「リキ・スポーツ・パレス」を建設しましたが

    日本人初のヘビー級チャンプを生み出したいと
    ハワイからエディ・タウンゼットさんを招いて
    リキ・パレス内に「リキ・ボクシングジム」を設立しました。
    日本プロボクシング協会を説得して
    協会公認による本格的なボクシング・ジムでした。

    リキ・ボクシングジムには
    かなり気性が荒い選手が揃ってたそうです。
    待遇面では日本プロレスより
    リキ・ボクシングジムの方が良かったとのこと。

    他にも力道山は極真カラテの大山総裁と組んで
    極真カラテのプロ化計画や他の格闘技にも関わるべく
    いろいろと計画を練ってました

    (力道山木村戦以降、力道山とマス大山は
    仲が悪いと言われてたけど実際は仲が良かったそうです)。

    BI砲の時代になってキックボクシングが登場しますが
    当時のプロレス業界はキックボクシングを見下してたようで
    そんなに深いかかわりはありません。

    しかしアントニオ猪木が日プロを追放された時は
    当時の報道の中にアントニオ猪木の新団体が
    キックボクシングの興行の中で試合をやる
    ような報道があったと記憶しています。

    実際にプロレスとキックボクシングとの関りは
    新日本プロレスの時代になってからです。

    七十年代の新日本プロレスでは
    アントニオ猪木の「異種格闘技戦」とは別個で
    「格闘技路線」を敷いていて
    他の格闘技と関わっていたんです。
    キック・ボクシングもその中の1つでした。

    特に新日本プロレスと関係が強かったのは
    アメリカのベニー・ユキーデが主宰するジェット・センターと
    日本の黒崎健時師範が主宰してた新格闘術ムエタイです。

    実際に新日本プロレスのリングでは
    ベニー・ユキーデがキックを試合をしていました。
    この場合はキックではなく全米プロ空手としており
    「マーシャルアーツ」と呼称していました。

    ベニー・ユキーデは後に新日本の東京ドーム興行に出場して
    日本人キックボクサーと試合をしています。

    新格闘術ムエタイからは藤原敏男選手が
    新日本プロレスの巡業に同行して
    当時の新日本のレスラー達と一緒に行動していたんです。

    互いに仲が良かったそうですが
    新日本のレスラー達は体格を大きくするために沢山食べるけど
    藤原敏男選手は逆に身体を絞らなければならなかったので
    いろいろと大変だったようです。

    「アントニオ猪木対ミスターX」の時に
    「ワールドプロレスリング」の中で
    藤原敏男選手のスパーリングが紹介されましたが

    リングの周りにアントニオ猪木と新日本のレスラーが囲んで
    藤原選手のスパーリング見ている場面が放送されてました。
    そこへ突然ミスターXが乱入して暴れるというオチもありました。

    勿論、新日本プロレスのリングで
    藤原敏男選手のムエタイの試合もやってました。

    こういった深い繋がりがあったんです。

    彼等と関わる前に佐山サトル選手が
    黒崎師範のジムに通ってキックの練習をしていました。

    ちなみに当時の新日本プロレスでは
    世界中の格闘技を国立競技場に集結させて
    トーナメント戦を行う「格闘技オリンピック」の計画がありました。
    残念なことに計画は有耶無耶になってしまいましたが

    後々アントニオ猪木がK1やプライドと関わって
    新日本のレスラーを送り込んで試合をさせたとき
    プロレスファンは猪木を叩きまくって「暗黒時代」だと罵ってたけど
    かつての新日本プロレスではそれに至る「歴史」があつたのです。

    それとアントニオ猪木が小川直也選手の肉体改造を行ったときは
    小川選手は藤原敏男さんのジムでキックの特訓を受けており
    後に井原ジムに移ってキックの特訓を続けました。
    スポーツ、アウトドア、車 > スポーツ > プロレス
    詳しくはこちら
    • 同意数0(8-8)
    • 回答数5
    • 投稿日時 - Fri, 23 Aug 2019 11:45:54
    • 閲覧数 11
    質問

    卓球の公式な大会でリストバンドはつかえますか? 卓球の公式な大会でリストバンドはつかえますか?
    アンサー
    回答

    基本的に、リストバンドやヘッドバンドは使用可能です。

    ただし、リストバンド、ヘッドバンド、サポーターなどは、共通したルールがあります。

    2.2.5.9
    サポーター、リストバンド、ヘアバンド、スパッツに付ける広告は、それぞれにメーカーの商標・ロゴのみ1ヶ所とし、12㎠以下であること。
    ただし、日本卓球協会公認用具指定業者の製品のみ認められる。

    と言うものです。

    この「日本卓球協会公認用具指定業者」は、こちらのブランドです。
    http://www.jtta.or.jp/Portals/0/images/athlete/Official_Item/official_yougu_20190514.pdf


    ここに載ったブランド以外のロゴや商標は、公式大会では認められていません。

    例えば、今回質問者さんが、↓の画像で質問しいる、NIKEは、この指定業者の一覧にはありませんので、公式大会では使用不可です。


    私は審判をしていて毎年全国大会に参加していますが、意外とこのルールは知られておらず、毎年、これに引っ掛かる選手を見かけますし、私も何度も指摘しています。

    その場合は、裏返してロゴを見せないようにして着けるか、あるいはテープなどでロゴを隠してもらって、試合に出場してもらっています。


    逆に、問題となるのは「ロゴ」なので、
    いくら、ナイキ製、アディダス製であっても、ロゴさえなければ、問題ありません。ロゴなし、社名なしのリストバンドでしたら、公式大会でも使用可能ですよ。
    スポーツ、アウトドア、車 > スポーツ > 卓球
    詳しくはこちら
    • 同意数-3(10-13)
    • 回答数4
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    ページ先頭へ