列島の疑問や悩み - ナレッジリーフ@知識の葉

Yahoo!知恵袋疑問や悩みを検索

知恵袋Q&Aで悩みを解決!

-PR-
  • ニュース、政治、国際情勢 > 災害 > 台風
  • Wed, 16 Oct 2019
  • 質問No. 8919364

解決
済み
Q 列島の疑問や質問

  • 閲覧数65
  • 質問総数231

A列島のQ&A回答一覧

    Yahoo!知恵袋

    • 投稿日時 - Wed, 16 Oct 2019 13:07:23
    • 閲覧数 65
    質問

    近々日本列島を直撃する台風19号が地球史上最強的な事を耳にしたのですが、本当でしょうか?! 近々日本列島を直撃する台風19号が地球史上最強的な事を耳にしたのですが、本当でしょうか?!
    アンサー
    回答

    「今年発生した台風のうちでは」、史上最強です。

    「かつて関東に接近した台風のうちでは」、史上最強です。

    マスコミの誇大表現を真に受けないように。

    正しく知って、できる限りの対策を。
    ニュース、政治、国際情勢 > 災害 > 台風
    詳しくはこちら
    • 同意数-9(2-11)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Wed, 16 Oct 2019 13:05:26
    • 閲覧数 0
    質問

    台風やら地震やら、日本は大変ですよね
    アンサー
    回答

    災害列島ですからね。仕方ないです
    ニュース、政治、国際情勢 > 災害 > 地震
    詳しくはこちら
    • 同意数-1(1-2)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Wed, 16 Oct 2019 12:03:04
    • 閲覧数 16
    質問

    畳みかけるように今度は大地震が日本列島を襲う気がするのですが? 畳みかけるように今度は大地震が日本列島を襲う気がするのですが?
    アンサー
    回答

    誰にもわからないですね。

    南関東直下型地震は2036年までに70%の確率、南海トラフ地震は2048年までに70% - 80%の確率と言われているので、明日でも良いわけで。

    鹿児島湾自体が噴火口のカルデラ噴火も周期的と言われています。過去最大級のものが発生した場合、九州全域と下関全滅、噴出される火山灰で東は東京まで機能停止。
    ニュース、政治、国際情勢 > 災害 > 地震
    詳しくはこちら
    • 同意数3(18-15)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Wed, 16 Oct 2019 11:39:33
    • 閲覧数 199
    質問

    過去最大級の台風19号が発生したようですが、今までで被害や大きさが一番だったのはいつの台風ですか? 過去最大級の台風19号が発生したようですが、今までで被害や大きさが一番だったのはいつの台風ですか?
    アンサー
    回答

    過去最大の被害をもたらした台風が昭和34年の伊勢湾台風(昭和34年台風15号)で犠牲者5000人以上。

    日本列島本土(小笠原諸島と南西諸島を除く)への上陸時(上陸直前の本土最接近時)に中心気圧が過去最も低かった台風が第二室戸岬台風(昭和36年台風15号)で上陸時の気圧が925hpa。

    小笠原諸島と南西諸島も含めた日本本土の陸上部で中心気圧が最も低かった台風が沖永良部台風(昭和52年台風9号)の907hpa。

    台風最盛期の中心気圧(台風発生時(日本の南海上にある熱帯低気圧の中心付近の最大風速が秒速17,2メートル以上なった最初の時間)から台風が温帯低気圧または熱帯低気圧に変わるまでの期間の中で最も勢力強く中心気圧が低かった時)が過去最も低かった台風が、昭和54年の台風20号の870hpaであり現在における台風の中心気圧の世界記録。

    大型・超大型台風とされる台風の風速15メートル以上強風域の半径が800km以上の台風のうち過去最も強風域の半径が大きかった台風が、平成9年台風13号でこの時の強風域の全直径が2350kmであり、強風半径は1175km(正式には中心の南東側で1550km、北西側で800kmの強風半径)に及ぶ超大型台風であった。

    ちなみに台風19号という台風が年間に発生する中で19番目に発生した台風は日本で過去にも大きな被害をもたらしている台風であり、

    平成2年の台風19号では最盛期の気圧が890hpaまで発達し、台風のもたらした豪雨により岡山県南東部の長船町(現在の岡山県瀬戸内市)等を中心に昨年(2018年)の西日本豪雨時の岡山県倉敷市の浸水被害に匹敵する(あるいはそれ以上の)浸水被害に見舞われる等西日本を中心に水害による大きな被害をもたらした。

    また翌年の平成3年の台風19号では台風による強風や暴風により全国的に甚大な被害に見舞われ、特に青森県では台風による強風の影響で収穫前のりんごが大量に落下する等の被害が大きくクローズアップされため、りんご台風とも呼ばれている。

    また平成9年の台風19号は発生場所が日付変更線の東側であったため発生当初はハリケーンとしての名称であったが発生してまもなくして日付変更線を越えて日付変更線の西側に達したため、ハリケーンの名称から台風へと名称が代わって接近し(こうした台風の事を越境台風という)、ハリケーンとしての条件を満たした強い勢力(ハリケーンは中心付近の最大風速が秒速33m以上の熱帯低気圧の事で、これは強い台風とされる中心付近の最大風速が秒速33m以上の台風を満たした事になる)を保ったまま九州南部に上陸した台風であり、日本では台風19号としての名称だが、国際的にはハリケーン・オリーバとしての名称であり、これは日本本土に上陸した唯一のハリケーン(平成27年の台風もこの台風と同様にハリケーンから変わった越境台風として上陸した台風ではあるが、日付変更線越境後に一時的に中心付近の最大風速が秒速17,2メートル未満の熱帯低気圧まで弱体化した後に再発達して台風に戻ったためハリケーンとしての勢力を保ったまま上陸した訳ではない)という事なる。
    ニュース、政治、国際情勢 > 災害 > 台風
    詳しくはこちら
    • 同意数7(11-4)
    • 回答数3
    • 投稿日時 - Wed, 16 Oct 2019 11:07:28
    • 閲覧数 11
    質問

    体育の日がある三連休に行楽などへ出掛ける人は、その日に台風直撃予報が出て痛手何ですか?別に、この日じゃなくても行楽には行けるので、どうってことないですよね?
    体育の日あたりは、日本 列島に台風が接近するのがあたりまえですし。
    アンサー
    回答

    まあかなり前から飛行機ホテルの予約をしていた人には痛手だろう
    とくに自由に休みをとれない社畜たちにとっては

    日帰りの行楽ならどうということはない
    地域、旅行、お出かけ > 国内 > 観光地、行楽地
    詳しくはこちら
    • 同意数0(17-17)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Wed, 16 Oct 2019 10:06:12
    • 閲覧数 9
    質問

    巨大台風は過ぎたけど、来年はさらに大物の奴が連チャンで来そうに思えますがどうなんでしょう?
    アンサー
    回答

    予想は無理でしょう。
    台風は、発生予想区域の海水温や太平洋高気圧の勢力具合。偏西風の蛇行具合など複数の条件で変わってきますからね、それら全てを確率高く予想は出来ませんからね。
    今のところ、来年はエルニーニョ現象もラニーニャ現象も起こらないと予想されているので、予想が当たったとしたら、19号のような強烈な台風の発生や、10月に成ってからの列島直撃するような台風は無いと予想も出来ますからね。あくまで、今の予想が当たればの話しです。
    ニュース、政治、国際情勢 > 災害 > 台風
    詳しくはこちら
    • 同意数19(19-0)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Wed, 16 Oct 2019 09:16:02
    • 閲覧数 29
    質問

    日本人の起源を教えて下さい 日本人の起源を教えて下さい シュメール人とかユダヤ人とかギルギス人とか
    縄文人とか渡来人とかもうよく分かりません!
    アンサー
    回答

    渡来系弥生人が日本列島に渡来し、本格的な水田稲作を持ち込んだのは、今から約3000年前(紀元前10世紀)です。

    「日本人(大和民族)」は、すべて「縄文人」と「渡来系弥生人」との混血民族です。

    ↓NHKサイエンスZERO「日本人のルーツ発見!」
    https://www.youtube.com/watch?v=bOxJmtJq9Xc


    片方の祖先である「渡来系弥生人(今から約3000年前)」は朝鮮半島から来たのではないようです。

    「日本列島」と「朝鮮半島」との人的交流は、今からわずか約2000年前より後となります。

    -----------------------

    ・中国南部及び朝鮮半島には存在しない古いタイプのハツカネズミを引き連れて「縄文人」は日本に渡来した。

    ・約4000年前、南アジア亜種系統(中国)のハツカネズミを引き連れて「渡来系弥生人」は日本に渡来した。

    ・歴史時代(2000年前)に、やっと北ユーラシア亜種系統(朝鮮半島)のハツカネズミが渡来した。

    -----------------------


    日本列島人が、初めて、朝鮮半島にちょっかいをかけたのは、百済などが国として成立したころ、今から約2000年前です。それまでは、日本列島人は、朝鮮半島に行かなかったし、朝鮮半島から人もこなかった。

    弥生時代の開始は、今から3000年前(BC10世紀)に変更されており、今から3000年前(BC10世紀)に、九州北部で本格的にはじまった水田稲作が「九州北部---->関東」を結ぶ線上を、約800年かかって、ゆっくりと拡大東漸していったことが判明しています。

    ↓総合研究大学院大学、文化科学研究科で公開している資料です。
    ↓弥生時代の開始年代(総合研究大学院大学、文化科学研究科)
    http://www.initiative.soken.ac.jp/journal_bunka/050509_fujio/thesis_fujio.pdf

    ↓社会科教科書「帝国書院」より
    https://www.teikokushoin.co.jp/q_and_a/history/#q2

    Q2:縄文時代と弥生時代の区分はいつ頃ですか?
    A:私どもの教科書では弥生時代を、紀元前3世紀ごろから紀元3世紀ごろまでの600年間としています。その一方で、この記述に注釈をつけて、弥生時代のはじまりを紀元前10世紀とする新しい研究成果も紹介しています。

    これまで通説となっていた、「弥生時代のはじまり=紀元前300年」は、1960年代に、土器の編年や遺跡から出土した中国の青銅器をもとに割りだされた年代 に、弥生前期のコメや貝を炭素14年代法(遺物のなかの炭素14の量から年代を推定する方法)で測定したデータ結果を加味して出された説でした。

    2002年、弥生時代のはじまりを紀元前10世紀ごろであると発表したのは、国立歴史民俗博物館(以下、歴博)です。歴博は最新のAMS-炭素14年代法などによって測定した結果、九州北部の弥生時代遺跡から出土した、土器に付着する炭化物(コメのおこげ)や木杭は、紀元前約900~800年のものであり、前10世紀後半に九州北部で本格的にはじまった水田稲作が、約800年かかって日本列島を東漸したとの説を展開しました。水田稲作が九州北部から各地に広がるのに要した年月は、例えば瀬戸内海西部地域までで約200年、摂津・河内まで300年、奈良盆地まで400年、中部地方には500年、南関東へは600~700年、東北北部には500年であると推定されますが、水田稲作が、非常にゆっくりと各地に広がっていったことが、ここからわかります。

    こうしてみますと、従来のように「弥生時代の始まり=紀元前300年」などと、ある一点で区分すること自体、無理があることと考えられます。今後さらに研究が進み、弥生時代のはじまりの年代も修正が迫られると思われますが、私どもでは、教科書本文では通説に従った紀元前300年と記述し、注釈で紀元前10世紀という説を示しました。これは現時点ではさまざまな議論があり、また地域によって差があることをふまえた記述であることを、ご理解いただきたいと考えております。

    -----------------------------------------

    ↑ここまではいいですか?


    ↓さて、最新情報です。


    ----3000年前------------2000年前------------------現在
    -------+---------------------+--------------------------

    --中国南部のハツカネズミ--><---朝鮮半島ハツカネズミ--->

    ........▲..........................▲.........................
    ..渡来系弥生人.............歴史時代
    ..の渡来(3000年前)......朝鮮半島との接触
    ................................は周知の事実


    ↓北海道大学プレスリリース(2017年8月14日最新報道発表)
    http://www.hokudai.ac.jp/news/170814pr_su.pdf

    ↑日本産の野生ハツカネズミが,先史時代の農業の歴史的展開とともに中国南部からは約4000年前、朝鮮半島からは約2000年前に、それぞれ渡来したことが判明。

    ↑上記2系統以外に,さらに古い時代(おそらく縄文人)に移入した系統が存在する可能性も指摘。

    ↑図2の説明、
    遺伝的解析に基づき想定された主要2亜種系統の日本列島への移入。過去の研究成果もふまえ、日本列島への野生ハツカネズミは以下のような流れで移入・展開したと考えられる。

    (1)南アジア亜種系統はインドに起源地を持ち、約8000年前に放散。その後、

    (2)中国南部に移入した系統が珠江流域において4000年前に放散し、日本列島及び南サハリンまで波及した。

    (3)北ユーラシア亜種系統は朝鮮半島にとどまっていた系統がおよそ2000年前に放散現象を起こし、日本列島に九州経由で移入した。移入後しばらく時間が経過した後(例えば1000年前)、北ユーラシア亜種系統は東北及び北海道に南アジア系統と交雑しながら北方移動した。


    --------------------------------------------

    【わかったこと】

    中国、朝鮮を含めて、歴史時代に突入したのは、今から約2000年です。つまり、今から約2000年前より後は、日本列島と朝鮮半島と接触とか「いざこざ」があったのは、周知の事実です。

    渡来系弥生人が日本列島へ渡来したのは、今から約3000年前です。

    しかし、今から約2000年前より前は、日本列島と朝鮮半島とは、接触が、全く無かった模様です。

    つまり、今から約2000年前より前には、朝鮮半島由来の野生ハツカネズミは日本列島には存在しない、これは「渡来系弥生人」が、朝鮮半島から来たのではないばかりか、朝鮮半島を「経由」すらしなかったということになります。





    また、もう有名な話ですが、

    2200年前の弥生米(大阪の池上曽根遺跡や奈良の唐古・鍵遺跡)のDNAを分析した結果、朝鮮半島には存在しない中国固有種が含まれていることが判明している。

    ↓中国から日本へ稲作が直接伝来した裏付けとなる「RM1-b 遺伝子の分布と伝播」、日本の各所に点在するRM1-b遺伝子。中国では90品種を調べた結果、61品種に、RM1-b遺伝子を持つ稲が見付かったが、朝鮮半島では、55品種調べてもRM1-b遺伝子を持つ稲は見付からなかった。なお現在の日本に存在する稲の遺伝子は、RM1-a、RM1-b、RM1-cの3種類
    教養と学問、サイエンス > 歴史 > 日本史
    詳しくはこちら
    • 同意数-7(10-17)
    • 回答数8
    • 投稿日時 - Wed, 16 Oct 2019 06:05:17
    • 閲覧数 41
    質問

    五島列島出身の有名人と言えば?
    アンサー
    回答

    ・川口春奈(女優、ファションモデル)
    ・長濱ねる(欅坂46)
    エンターテインメントと趣味 > 芸能人 > 男性アイドル
    詳しくはこちら
    • 同意数2(14-12)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Wed, 16 Oct 2019 03:54:12
    • 閲覧数 16
    質問

    10月に入りましたが、この季節外れの暑さは何が原因なのでしょうか。
    アンサー
    回答

    ヤンヤン。さんにナイス1!
    質問者さんが住む地域にもよりますけどね。

    台風18号が、10月1日現在、東シナ海にあって北北東に進んでいます。
    この先、日本海に進むことが予想されています。
    台風は、熱帯の暖気と海面から供給される水蒸気がエネルギー源で、その周辺には、低気圧性(反時計回り)の大気の流れが形成されます。
    つまり、台風18号の現在の進路の右側にあたる日本列島には、台風の影響で、南向きの暖かくて湿った空気が流れ込んでいる訳です。
    このために、西日本から東日本にかけて、気温が高く蒸し蒸しした季節はずれの暑さになっています。
    さらに、この風が、日本列島中央の山岳地帯を越えて日本海側に入ると、「フェーン現象」という、さらに気温の高い状態になります。
    フェーン現象が起こると、気温は更に上がる一方で湿度は下がって乾燥しますので、山火事などの原因になる事があります。
    また、台風18号は、上述の通り、今後、日本海に進むことが予想されています。
    日本海側にお住まいならば、くれぐれもご注意を!!
    教養と学問、サイエンス > 天気、天文、宇宙 > 気象、天気
    詳しくはこちら
    • 同意数-15(2-17)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Wed, 16 Oct 2019 03:37:57
    • 閲覧数 7
    質問

    スーパー堤防は必要なの?不要なの? スーパー堤防は必要なの?不要なの?
    アンサー
    回答

    立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏は
    民主党政権下で工事が中断し、その後再開した試験貯水中だった群馬県長野原町の
    「八ッ場ダム」
    や、
    埼玉県春日部市にある全長6.3キロの
    「首都圏外郭放水路」
    が治水効果を発揮したとみる。
    「八ッ場ダムがなければ利根川流域は危なかった」
    「また、首都圏外郭放水路がうまく機能したことで、埼玉県東部や、東京都江戸川区も被害が軽減された」

    今後の対策について公益財団法人リバーフロント研究所技術参与の土屋信行氏は
    「全国の河川で整備が100%に達した川は一本もないということだ」
    「治水対策は完璧にはできないが、早急に堤防強化か山間地域にダムを造るのか対策に取り組まないといけない」
    と強調した。

    ●台風19号の深すぎる爪痕 タワマンは“機能停止”川崎市武蔵小杉の住民悲鳴 浸水した二子玉川、過去には「堤防反対運動」も
    2019.10.15
    https://www.zakzak.co.jp/soc/news/191015/dom1910150005-n1.html
    列島を縦断し、各地で甚大な被害をもたらした台風19号は、多摩川沿いにある首都圏で
    「住みたい街」
    として知られる人気の住宅街にも大きな被害をもたらした。
    一方、一時、工事が停止していた群馬県の八ッ場ダムや、
    「地下神殿」
    と呼ばれる埼玉県春日部市の放水路が治水効果を発揮した面もあると専門家は指摘する。

    JRや東急線が通る川崎市中原区の武蔵小杉駅。
    タワーマンションが建ち並び、住民が急増している街だ。
    12日の台風直撃の際に南武線の同駅から隣駅の向河原(むかいがわら)駅近くまでの一帯が冠水。
    14日時点でも道路や遊歩道はぬかるみ、若い女性も
    「チョー汚い」
    と叫びながら歩いていた。
    47階建てのタワーマンションの一棟では停電と断水が発生し、住民らがトランクなどを抱え、避難する姿もみられた。
    34階に住む息子家族の様子を見に来たという初老の女性は
    「エレベーターが止まり、階段で上がろうとしたが途中で断念した」
    「管理組合はスポーツクラブなどの風呂を利用できるように手配している」
    「孫を自分の家から学校に通わせる」
    と心配そうに話した。
    向河原駅前の商店街では清掃作業に追われていた。
    住民の女性(76)は
    「夜中に雨がやんだ後、線路の方から通りに渦を巻きながら水が流れこんできて川のようになった」
    「屋内にも突如バーッと水が入り込んできて、商店街のほとんどの店が店内で浸水した」
    「ホームエレベーターが壊れたので、100万円近くかかるかもしれない」
    と語った。
    公益財団法人リバーフロント研究所技術参与の土屋信行氏は、
    「多摩川に通じる下水管から水が逆流した可能性がある」
    「木やごみなども流れてくるなか、逆流を防ぐ逆止弁などの機能を発揮できないほどではなかったのか」
    と指摘する。
    多摩川の対岸にある東京都世田谷区では、東急電鉄二子玉川駅の高架下で、多摩川と支流が合流する付近から水が流れ込んだ。
    半地下の医療施設が浸水、休日は行楽客でにぎわう河川敷も被害が深刻だった。玉川一丁目などの住民によると、足のすねあたりまで濁流が押し寄せたという。
    前出の土屋氏が
    「堤防がない
    『無堤地区』
    で発生した」
    「決壊しなかったことは不幸中の幸いだった」
    と語るように水が流入したのは、人工堤防が切れている兵庫島公園の付近だった。
    近隣住民らによると、周辺は戦前から料亭などが立ち並んでいた。
    一般住宅が普及し始めて以降、人工堤防が建設されたが、反対運動もあったという。
    反対派だったという多摩川沿いに40年以上暮らす男性(72)は
    「景観維持の面や、堤防を作る分、水かさが増えると主張していた」
    「人工堤防を作った以上、兵庫島のあたりでなぜ堤防が切れているのか疑問だ」
    「早く作らなかったのが悪いのではないか」
    と話す。
    同じく多摩川沿いに住む男性(23)は
    「昔は堤防工事をしている時も近所の人が
    『反対』
    と騒いでいるのを見てきた」
    「小さい頃から遊んだ川がなくなるのは嫌だが、今の堤防はあった方がいい」
    という。
    立命館大学環太平洋文明研究センター教授の高橋学氏は、各地での川の氾濫について
    「福島県の阿武隈川は本流と支流の合流地点で、堤防が切れている部分があり、水があふれやすくなっていた」
    「また、長野県の千曲川周辺は、標高が高い川の周辺から、水はけが悪い低地に流れ込んで大きく広がった」
    と解説する。
    一方で高橋氏は民主党政権下で工事が中断し、その後再開。
    試験貯水中だった群馬県長野原町の
    「八ッ場ダム」
    や、
    埼玉県春日部市にある全長6.3キロの
    「首都圏外郭放水路」
    が治水効果を発揮したとみる。
    「八ッ場ダムがなければ利根川流域は危なかった」
    「また、首都圏外郭放水路がうまく機能したことで、埼玉県東部や、東京都江戸川区も被害が軽減された」
    今後の対策について前出の土屋氏は
    「全国の河川で整備が100%に達した川は一本もないということだ」
    「治水対策は完璧にはできないが、早急に堤防強化か山間地域にダムを造るのか対策に取り組まないといけない」
    と強調した。
    ニュース、政治、国際情勢 > 災害
    詳しくはこちら
    • 同意数3(6-3)
    • 回答数5
    -PR-
    -PR-
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ [24]
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    ページ先頭へ