三角筋の疑問や悩み - ナレッジリーフ@知識の葉

Yahoo!知恵袋疑問や悩みを検索

知恵袋Q&Aで悩みを解決!

-PR-
  • スポーツ、アウトドア、車 > スポーツ > トレーニング
  • Wed, 16 Oct 2019
  • 質問No. 8913384

解決
済み
Q 三角筋の疑問や質問

  • 閲覧数18
  • 質問総数48

A三角筋のQ&A回答一覧

    Yahoo!知恵袋

    • 投稿日時 - Wed, 16 Oct 2019 07:46:44
    • 閲覧数 18
    質問

    サイドレイズとショルダープレスのどちらの方が肩幅を大きく出来ますか?両方やった方がいいは無しでお願いします。
    アンサー
    回答

    サイドレイズは三角筋だけ、
    ショルダープレスは三角筋と上腕三頭筋。

    肩幅だけならサイドレイズです。
    腕も太くしたいならショルダープレスです。


    筋トレはバランスが大事なので、ショルダープレスをお勧めします。

    しかし、ベンチプレスなどで上腕三頭筋を鍛えているなら、サイドレイズがいいでしょう。
    スポーツ、アウトドア、車 > スポーツ > トレーニング
    詳しくはこちら
    • 同意数-6(7-13)
    • 回答数4
    • 投稿日時 - Sun, 13 Oct 2019 20:17:40
    • 閲覧数 10
    質問

    ストリートワークアウト、もしくは自重トレーニングの人たちはどうやって三角筋を鍛えてるんですか? ストリートワークアウト、もしくは自重トレーニングの人たちはどうやって三角筋を鍛えてるんですか? 想像がつかないので教えてください。
    アンサー
    回答

    逆立ち腕立て伏せでもすれば鍛えられるじゃん
    スポーツ、アウトドア、車 > スポーツ > トレーニング
    詳しくはこちら
    • 同意数4(14-10)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Sun, 13 Oct 2019 11:21:53
    • 閲覧数 162
    質問

    ピアノ歴10年以上の者です。
    音の出し方に苦戦しています。
    腕の力を抜く、脱力した状態で弾くということなのですが、脱力した分の力は二の腕辺りで支えるのでしょうか?また、脱力した状態の指ではしっかりと鍵盤を弾 ピアノ歴10年以上の者です。
    音の出し方に苦戦しています。
    腕の力を抜く、脱力した状態で弾くということなのですが、脱力した分の力は二の腕辺りで支えるのでしょうか?また、脱力した状態の指ではしっかりと鍵盤を弾 くことは出来ないのでは?と思ってしまいます、、、
    回答どうぞよろしくお願い致します ♀️
    アンサー
    回答

    ①いわゆる「脱力」奏法は、ただ脱力すれば良い・力を抜けば良いというものではない。
    ②いわゆる「脱力」奏法をマスターしても、これだけでは素早いオクターブの連打は無理。

    この2つが問題をややこしくしていると思います。
    本気でうまくなりたいなら、両方の奏法をきちんと理解して、場面に応じて使い分ける必要がある、ということですね。
    実際はどちらもできていない人がほとんどなわけですが…。


    まず、いわゆる「脱力」奏法は、ホールの隅まで通る芯のある音(これは音量の大小とは別物)を出すための奏法とお考えください。
    あるいは、よく伸びて減衰しにくい音、グランドピアノの(弦だけでなく)箱がよく鳴っている音、という言い方をしてもいいです。
    旋律や、比較的長い和音、アルペジオなどを美しく弾くために重要になります。

    特に、旋律を歌うように聞かせる(聴衆に、まるで人が歌っているかのように錯覚させる)には、この奏法は避けて通れません。
    歌には、言葉をハッキリと発音できる滑舌の良さ(→芯のある音)と、フレーズが途中で途切れない声の伸び(→減衰しにくい音)が必要です。
    いくらハッキリと弾いても、プツプツと途切れていてはぎこちないし、減衰の速い音ではガタガタと揺らされるように聞こえて不愉快です。逆に、いくらつながるように弾いても一音一音に芯がなければムニャムニャとした寝言にしか聞こえず、眠気を催します。

    いわゆる「脱力」奏法では、積極的に使う必要のある力と、積極的に使ってはいけない力があります。
    (私は「脱力」という言い方は誤解の元になるので嫌いですが、すでに教育現場で浸透しているので「いわゆる「脱力」」と書いています。上級者同士であれば「脱力」の一言で通じるのですが、初心者は「脱力」という字面に騙されやすいので注意が必要です。)

    フレーズの始まりの音を出すためには、腕の落下を使います。
    すなわち、上腕を上げるための三角筋前部と、下腕を上げるための上腕二頭筋の緊張を解きます。
    急に解けば腕は速く落ちるのでフォルテが、ゆっくりと解けば腕は遅く落ちるのでピアノが出ます。
    指や手首がフニャフニャだと鍵盤を押せないので、打鍵の瞬間には、指(第三関節を屈曲させる虫様筋)と、手首(手首を屈曲させる手根屈筋)を緊張させ、形が崩れないようにします。
    逆に、使ってはいけないのは、肘を伸ばす動き(肘関節を伸展させる上腕三頭筋)や、手首を曲げる動き(形を保つのに必要な以上の手根屈筋)です。これらは、後述する「打鍵後の手首の固さ」につながります。(ただし、プロコフィエフのように手首を曲げる動きを使って打鍵する曲もあります。これはいわゆる「脱力」奏法ではありません)

    打鍵後に鍵盤を押さえている途中では、手首(手根屈筋)を使って鍵盤を押さえつけないことが重要です。打鍵後に手根屈筋が緊張したままだと音の減衰が速くなります。
    鍵盤にかかる腕の重さは、なるべく全て虫様筋を使って支えるようにします。
    フレーズの途中の音を弾いている間も同様です。第三関節を動かす虫様筋を使うことで指を動かし、打鍵します。
    この「手首に力を入れず、指に力を入れる」という技術を習得するのがなかなか難しいです。
    「脱力」という字面に反して、虫様筋はかなり酷使していることがわかります。よく「脱力でピアノが楽に弾ける」という教え方をする人がいますが、あまり「楽に弾こう」とは思わないほうがいいと思います。最も大事なのは、楽かどうかではなく、出てくる音ですから。
    よく、初心者で、肘を体の外側に突き出す動き(三角筋側部)を使ってスケールやアルペジオを弾く人がいますが(そのほうが虫様筋を使わずに済んで楽だから)、これでは鍵盤に腕の重さがかからず、前述の「ムニャムニャ音」になるのでNGです。肘は体の横に拳一個分くらい離れた場所で、それ以上遠くもなく近くもなくキープします。

    フレーズの終わりの音を弾き、離鍵するときは、腕の筋肉が必要です。
    離鍵にはいくつか方法があり、
    ・手首を固定せず、上腕を上げるための三角筋前部と、下腕を上げるための上腕二頭筋を使って腕を上げる(手首から先が幽霊のようにだらんとなる。音が緩やかに消え、柔和な印象)
    ・手首を固定し(総指伸筋をわずかに緊張させる)、上腕二頭筋を使って前腕だけを上げる(手首はまっすぐのまま。音がパッと消え、冷たい印象)
    などがあります。時代様式や文脈によって変わります。


    長くなりましたが、いわゆる「脱力」奏法は、「旋律や、比較的長い和音、アルペジオなどを美しく弾く」ためのものであり、その適用範囲は非常に広いです。
    多くの本に書かれており、また、多くの教師が口をすっぱくして言うのも頷ける話です。
    ですが、それとは別に、教え方の上手い下手の問題があります。教師であっても、不勉強のためにいわゆる「脱力」奏法を科学的に教えられない(感覚的にしか理解していない)人がいるのもまた事実です。

    そして、適用範囲が広いとはいえ、いわゆる「脱力」奏法だけでは弾けない曲が存在するのもまた事実です。
    上に書いたプロコフィエフもそうですし、素早いオクターブ連打もそれに当てはまると言って良いでしょう。

    腕の落下だけでは間に合いような素早いオクターブ連打では、手根屈筋や上腕三頭筋も存分に利用して打鍵します。
    そもそも打鍵できなければ何も意味がないので、上に書いた「歌」うんぬんには目をつぶって他の力を使う、というわけですね。そもそも、オクターブ連打は非常に打楽器的で、歌心は求められない、という理由もあります。

    オクターブ連打にもいくつか方法があり、
    ・招き猫のように、手首を上下する(手根屈筋と総指伸筋をすばやく交互に緊張・弛緩させる)
    ・手首を固定しながら、バスケットボールのドリブルのように、前腕を上下する(上腕三頭筋と上腕二頭筋をすばやく交互に緊張・弛緩させる)
    ・オクターブのいくつかを1グループにまとめる。例えばオクターブ4つで1グループの場合、1つ目のオクターブは手首を低くし、4つ目にかけて手首を高くしていく。この動きに、肘を伸ばす動き(上腕三頭筋)を組み合わせる。
    などの方法があります。実際はこれらを自分の体つきにあわせてうまくブレンドしている人がほとんどでしょう。まあ、打鍵できれば何でもアリな気がします。
    ちなみに、いわゆる「脱力」奏法の得意な人はオクターブ連打が苦手かというと、そんなことはなく、オクターブ連打でも虫様筋が発達している人は有利です。


    あと、もう一点。リトピさんの演奏を拝見しましたが、まともに弾けていませんね。
    腕の動きから言って、グランドピアノで弾けばムニャムニャ音しか出ない弾き方です。オクターブ連打のような場面ではそれも仕方ないでしょうが、肝心の旋律まで、ただ打鍵できれば良しといわんばかりのムニャムニャ音だから、ホールの聴衆は眠くなるだけ。木を見て森を見ずといいますか、滑稽な話です。

    リトピさんのホームページの内容は、まあ少なくとも部分的には正しいですし(全部読んではいない)、参考文献の中にも名著はあるのですが、本人はそれを全く実践できていないと思います。本人はあまりピアノ教師を信用していないようですが、ほんとうはこういう人こそ、マンツーマンで客観的にアドバイスしてくれる教師が必要です(もちろん有能な教師に限る)。

    コンクールでは、オクターブ連打が苦手な人はそれが無いような選曲をすればいいだけですが、逆に旋律を歌わせられない人がコンクールを乗り切るのは無理です。
    ピアノが正しく弾けていると言いたいなら、ぜひコンクールに挑戦してもらいたいと思います。この弾き方ではピティナの予選も通過できないと思いますが。
    エンターテインメントと趣味 > 音楽 > ピアノ、キーボード
    詳しくはこちら
    • 同意数-10(4-14)
    • 回答数8
    • 投稿日時 - Sat, 12 Oct 2019 12:38:53
    • 閲覧数 23
    質問

    筋トレです。 筋トレです。 肩幅を広くするには三角筋…ですよね。肩幅が広いとかっこいいなーと思ってトレーニングをしているのですが、ダンベルを広げてTの形になるやつしかやってません。他にやり方などありますか?あと、コツとか注意点とかあれば細かく教えていただきたいです。
    アンサー
    回答

    サイドレイズしかしてないのは良くないです。

    肩は前、横、後で筋肉の部位が分かれているので、

    質問者さんは、横しかやってないことになります。

    肥大してきたらわかりますが、横はある程度あるのに、

    横からみたら薄っぺらいなーって弱点に気づくと思います。
    ださい感じになります。

    なので、種目は多くなりますが、3部位鍛えるべきです。

    youtubeとかで検索すれば腐るほど出るので、検索しましょう。

    ここより何倍も勉強できます。
    スポーツ、アウトドア、車 > スポーツ > トレーニング
    詳しくはこちら
    • 同意数-17(3-20)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Wed, 09 Oct 2019 16:12:37
    • 閲覧数 10
    質問

    写真のようなリアレイズをやっているのですが、サイドレイズとフロントレイズの様なきいてる感覚が全くないです。 写真のようなリアレイズをやっているのですが、サイドレイズとフロントレイズの様なきいてる感覚が全くないです。 というか全く力が入りません。
    似ている感覚としては足の中指だけ動かそうとしてもできない!みたいな感じです。
    なにが原因なのでしょうか?
    アンサー
    回答

    リアレイズは、ベントオーバーローイングに似た動作になりやすく、三角筋後部に効かず、広背筋や僧帽筋ばかり働いてしまうことが多いです。

    コツは、まず肩甲骨をしっかりと閉じて(?)、広背筋や僧帽筋を収縮させ、三角筋以外が動作中動かないようにし、腕ではなく肘で上げるイメージでやります。
    三角筋後部の収縮、収縮の向きなどを意識してやれると、さらに効きます。

    三角筋後部の収縮を意識するのに効果的なのは、直接三角筋後部を触りながら、収縮させてみて、その感覚を脳に覚え込ませると良いでしょう。

    ここからは完全な自己流ですが、動作中、それでも意識しづらい時は、ガムテープを三角筋後部に、肌の上から直接貼るとわかりやすいです。笑
    スポーツ、アウトドア、車 > スポーツ > トレーニング
    詳しくはこちら
    • 同意数3(7-4)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Wed, 09 Oct 2019 11:08:43
    • 閲覧数 65
    質問

    三角筋の後部って初心者は最初しなくてもいいもんですか? 三角筋の後部って初心者は最初しなくてもいいもんですか? (´・ω・`)具体的に教えてください。
    アンサー
    回答

    トレーニングにおける集中力や耐性は段階的についてくるから、最初はアーノルドプレスやショルダープレスなどの三角筋を広範囲にターゲット出来るトレに集中した方が良いかな。
    初心者の頃は種目増やすと、次のトレに向け余力を残そうとして追い込めないんで。
    アーノルドプレスをきちんと集中してやりきるのはとてた難しいよ。
    スポーツ、アウトドア、車 > スポーツ > トレーニング
    詳しくはこちら
    • 同意数3(16-13)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Tue, 08 Oct 2019 17:01:52
    • 閲覧数 81
    質問

    リアデルトイドの可動域

    三角筋後部の筋肥大のために、この筋トレ種目を行っています。
    可動域ですが、大体どれくらいが一般的に効かせられるでしょうか?

    前ならえの状態を0度。
    腕が 身体の横のとき90度。
    完全に腕を真後ろにした状態を180度。
    とすると、
    大体どれ位でしょうか?
    120度弱位ですか?
    アンサー
    回答

    リアデルトイドのようなマシンは軌道が安定していて最大収縮させやすいので限界まで引き切ったほうが良さそうですね。

    私はダンベルと自重のトライセットですが、一般的なリアレイズは90度以上、サイドライイングリアレイズは80度、インバーテッドロウ(ワイド)はバーが胸に着くまでとしています。
    スポーツ、アウトドア、車 > スポーツ > トレーニング
    詳しくはこちら
    • 同意数8(19-11)
    • 回答数3
    • 投稿日時 - Tue, 08 Oct 2019 15:58:31
    • 閲覧数 16
    質問

    筋トレ歴半年程のど素人です。 筋トレ歴半年程のど素人です。 ジムに行くことができないので家でダンベルでトレーニングをしているのですが、ジムにあるようなベンチなどを使わずにできる腕・背中・肩を鍛えるトレーニングがあれば教えていただきたいです!

    また、初心者にオススメの比較的コスパが良いプロテインも教えていただきたいです!
    アンサー
    回答

    ディップスバー付き懸垂機が必要です!
    これで、懸垂(広背筋)、ディップス(大胸筋)
    倒立腕立て伏せ(三角筋)
    プロテインよりも鶏胸肉とライスが良い!
    スポーツ、アウトドア、車 > スポーツ > トレーニング
    詳しくはこちら
    • 同意数0(7-7)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Fri, 04 Oct 2019 23:59:10
    • 閲覧数 21
    質問

    自分はバドミントンをやっているのですがクリアやスマッシュを打つときに肩の外側?(二の腕の太い方の外側みたいなところ?)がだいぶ痛み、部活の後は違和感があったり腕を上げると痛むのですが これは部活などをやっても大丈夫なのでしょうか?また正しいフォームで普段の部活をこなしていれば治るのでしょうか?回答よろしくお願いします。
    アンサー
    回答

    色んな人が肩が痛いと言っている時に抑えているあの部分ですね。
    私も痛い時期がありましたが、フォームをいじったら良くなりました。質問者も同じ可能性があります。

    テイクバックの瞬間に三角筋が固まる感覚はありませんか?あれば私と同じ症状でフォームで改善するかもしれません
    スポーツ、アウトドア、車 > スポーツ > バドミントン
    詳しくはこちら
    • 同意数-15(0-15)
    • 回答数4
    • 投稿日時 - Fri, 04 Oct 2019 18:49:55
    • 閲覧数 13
    質問

    よろしくお願いします。
    ダンベルトレーニングを始めて一か月ほどたちます。いろいろと調べて8種類のトレーニングをしています。 8種類を①から⑧まで数字化すると①を10回 ②を10回 ③を10回・・・⑧を10回 連続して行い それを1セットとして3セットしております。2回/週 重量5kgです。ある人に言わせるとそのようなやり方でなく①を10回X3セット(10回ごとに休憩)②を10回X3セット(10回ごとに休憩)・・・⑧を10回X3セット と同じ動きを3セット行い、次の動きに行ったほうが良いといわれました。
    どちらが...
    アンサー
    回答

    目的は何でしょう?
    あなたが今やっているトレーニングはしいて言うならサーキットトレーニングという方法です。

    6から12種目をノーインターバルで行い、1セット終わるまでの時間を短くすることを目指してゆきます。

    他の人に勧められたのは、オーソドックスなストレートセットという方法です。
    筋肥大に向いた方法です。

    しかしいずれにしても、どの種目も5㎏ではあまりにも重量が軽すぎます。
    大胸筋と上腕二頭筋だけ見ても筋肉の大きさがまるで違うのですから、同じ重量で成果が上がるはずがありません。

    成人男子であれば5㎏はせいぜい二頭筋か三角筋のウォーミングアップに使う重量です。

    どちらでやっても構いませんが、重量は見直すべきだと思います。
    スポーツ、アウトドア、車 > スポーツ > トレーニング
    詳しくはこちら
    • 同意数6(20-14)
    • 回答数1
    -PR-
    -PR-
    1 2 3 4 5 次へ 
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    ページ先頭へ