アートマンの疑問や悩み - ナレッジリーフ@知識の葉

Yahoo!知恵袋疑問や悩みを検索

知恵袋Q&Aで悩みを解決!

-PR-
  • マナー、冠婚葬祭 > 宗教
  • Wed, 02 Oct 2019
  • 質問No. 7405517

解決
済み
Q アートマンの疑問や質問

  • 閲覧数30
  • 質問総数9

AアートマンのQ&A回答一覧

    Yahoo!知恵袋

    • 投稿日時 - Wed, 02 Oct 2019 01:15:11
    • 閲覧数 30
    質問

    最高精神と結びつく方法。特に何教とか関係なく考えたことがある人はいますか? (但しカルトは無しで。悪覚者の独善的他教批判やエル・カンターレとかお断わり)
    宇宙を創造したのは最高精神であると語る科学者がいます。

    「古代の創造神話や伝説に共通しているのは、
    この物質世界が
    或る精神的な中心から作られたという事で、
    物質的なものは最後には再び精神的な世界に帰ってゆく」

    これはヴェーダの世界観ですが、
    「精神が物質を作った」という考えについて、どう思いますか?

    参考
    https://www.youtube.com/watch?v=1t3R...
    アンサー
    回答

    考えたこと
    あります。

    「精神が物質を作った」という考えについて
    全を照覧する存在であるアートマンが無意識に世界を認識したことから
    この宇宙は開展したのかもしれないですね
    無名天地之始、有名万物之母

    極微のエネルギーの塊だった原初宇宙から識大が離れて虚空が生じ、天地が始まったと。


    最高精神(法身仏)とつながるには

    三密加持すれば速疾に顕はる

    無我を観じるのは真我を覚るためのプロセス・一方法論
    手段が目的になってしまってるのが二乗の誤謬。
    マナー、冠婚葬祭 > 宗教
    詳しくはこちら
    • 同意数-13(1-14)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Tue, 01 Oct 2019 12:56:01
    • 閲覧数 79
    質問

    ブッダの悟りを一言で表現すると
    どう言えますか? たとえば
    涅槃寂静。
    とか
    真我独存。
    とか
    「唯一にして絶対のものアートマン則ち真我」
    とか。

    ②幅広い知見をもった方にお尋ねしたいのですけど、
    仏教がヒンドゥー化したと言われるのと同様に、
    また一方的に仏教がヒンドゥー教から影響されたというだけでなく
    ヒンドゥー教も仏教から影響を受けたという事はありましたか?


    真我の探求『私は誰か?』マハルシの教え-聴きものがたり
    https://www.youtube.com/watch?v=l34W5N0Y_Wg&t=209s

    どうやって真我に目...
    アンサー
    回答

    仏教もヒンドゥーも本質は同じです。
    ですからお互いが影響を受け合うことは必然な流れです。

    悟りは言語化できません。言語化不可能な事を、真我じゃなくて無我だなどと議論しても無駄です。

    「道の道とすべきは恒常の道にあらず」(『老子』1章)
    マナー、冠婚葬祭 > 宗教
    詳しくはこちら
    • 同意数-1(3-4)
    • 回答数8
    • 投稿日時 - Fri, 20 Sep 2019 19:01:51
    • 閲覧数 8
    質問

    阿摩羅識→法界体性智への転換=真我の覚醒
    ですか?
    アンサー
    回答

    日々是好日さんによれば
    >アートマンについては、大宇宙大生命と一体化したもの・輪廻を超越し、魂の輪廻の様子を照覧するもの


    それは
    つまり真我・至上我という事で、まさにそういった我々求道者が大日如来の一部であると覚って行くのが修行道ということなのでしょうね
    マナー、冠婚葬祭 > 宗教
    詳しくはこちら
    • 同意数-17(0-17)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Fri, 20 Sep 2019 08:48:51
    • 閲覧数 104
    質問

    何が輪廻転生するかといえば、魂ということになろうかと思います。
    ただ、おそらく魂の中心部たるアートマンについては、大宇宙大生命と一体化したものであり、輪廻転生をしないと言えるのではないかと思います。 なぜなら、おそらく、アートマンは輪廻を超越し、魂の輪廻の様子を照覧するものだからです。
    このアートマンが真我、つまり、我々がハイヤーセルフと呼んだりしているところの、究極的な「我」なのではないかと思うのですが、どうでしょうか。
    アンサー
    回答

    >>アートマンが真我、つまり、我々がハイヤーセルフと呼んだりしているところの、究極的な「我」

    ハイヤーセルフ(統括霊)はアートマンが形態化したもの。
    アートマンはその根源。形態を持たない。

    けど、アートマンは輪廻しないってのは そうだね。
    するわけないね。

    ハイヤーセルフってのは霊のこと。
    霊の一つの側面は再生するよ。

    ラマナママハリシが、「彼方よりきたる」と表現したものは、アートマンそれ自身ではなく、その形態である霊のこと。
    エンターテインメントと趣味 > 占い、超常現象 > 超常現象、オカルト
    詳しくはこちら
    • 同意数-12(6-18)
    • 回答数9
    • 投稿日時 - Wed, 18 Sep 2019 19:50:38
    • 閲覧数 32
    質問

    仏教では宇宙という概念を扱うんですか?
    アンサー
    回答

    古代インドではヴェーダ文献に宇宙創成論が説かれており、このようなことをコスモロジーと呼びます。コスモロジーはキリスト教の聖書などにも存在します。

    しかしながら、本来の仏教(ブッダの教え)では、ヴェーダにあるような宇宙論は説かれていません。

    現在の仏教にある宇宙論は、インド古来のコスモロジーが仏教の展開の過程で混入したものだと思われます。

    仏教では本来、分からないことは問題にしないのです。
    仏教では、今(現在)、此処(現実)を問題にし、そしてこれが仏教の悟りと大きく関係しています。(ヒンドゥーの悟りとの違いです)

    仏教が問題にするのは人の心であり、修行者は自己の心に取り組みます。
    アートマン(ヒンドゥー教・バラモン教の説く”我”の概念)やブラフマン(宇宙の真理)を問題にしないのが本来の仏教です。

    (仏教の無我説とは、アートマンを問題にしない、扱わないという意味で、当然ながらブラフマンも扱いません。これが本来の仏教ですが、仏教がヒンドゥーの影響を受けヒンドゥー化してしまったのですね…。ヒンドゥー化の度合いは北伝仏教の方が大きいです)
    マナー、冠婚葬祭 > 宗教
    詳しくはこちら
    • 同意数2(20-18)
    • 回答数6
    • 投稿日時 - Sun, 08 Sep 2019 12:50:36
    • 閲覧数 53
    質問

    死後について。業自性正見では、業だけが輪廻的生存の起原、原因とされます。
    以下の動画を視聴後、どう感じましたか? 「死後・輪廻はあるか」Ⅰ東洋大学名誉教授 森章司・輪廻は仏教の大前提
    https://www.youtube.com/watch?v=sKqiZXo6o4o

    もう1点(もし見解があれば)
    至上我(パラマートマン?)とは、元々どこから来た概念ですか?

    参考
    「死後・輪廻はあるか」Ⅱ近代仏教学の「無記」の誤解・東洋大学名誉教授 森章司
    https://www.youtube.com/watch?v=KnAKezi7pNo

    人は死なない 東大救命医独自の死生観
    https://w...
    アンサー
    回答

    見ました。
    世界は自分の心のあらわれなのでしょうね。
    過去の業の結果として現在未来があるだけなので、それを理解して道諦を
    正しく実践するなら、識も浄められるし、因縁も変えられるという事でしょうか
    そしてアートマンにもアナートマンにも執着しない
    出世間の四諦説法がブッダ
    の本来の立場ではあるまいかと観じました。

    また正見には、十事正見、四諦正見もあります。

    至上我とは
    『こころを肉体から分離して、それを至上我へ合一させる。これがサマーディなりと知るべし。
    これはダシャー等からの解脱と名づけられている』
    (続ヨーガ根本経典/佐保田鶴治)
    のように説かれていますが、ダシャーとは、忘我トランスと解釈され、涅槃未満の有頂天あたりの境涯かと推測されます。

    またそれは三業を清浄にする事で心眼を開き、解脱に到らしめる宇宙我で、
    五蘊を超えたブラフマンの奥にある真我に通じる世界でしょうか?
    マナー、冠婚葬祭 > 宗教
    詳しくはこちら
    • 同意数-3(8-11)
    • 回答数3
    • 投稿日時 - Sat, 07 Sep 2019 17:30:40
    • 閲覧数 74
    質問

    「アートマン」とは霊魂のことではない。と思います。

    なぜなら、お釈迦様は「アートマン」を否定しても、「霊魂」を否定した訳ではないからです。

    お釈迦様は自分がこれまで色んな生き物 に生まれ変わったことを話しています。

    霊魂を否定するならば、生まれ変わりを説明できなくなりますよね。

    ですからお釈迦様が否定した「アートマン」とは、やはり
    「自我」「我」の事であると観るのが正しいのではないでしょうか。

    事実、仏教が広がっているアジアの国々に関しては、比較的我の強い人というのは少ない傾向にある...
    アンサー
    回答

    仏教では霊魂を否定はしてはいません。


    人格の主体すなわち私として業を保持している霊魂は三世を通じて存在するものとして見ていきます。

    無我をよく誤解している場合が多いようですね。

    医師からの死亡診断を受けても魂が死ぬとは限らずその霊【魂】が消滅するのは一万年後かも知れません。

    しかし永遠に消滅しないということではない。

    坐禅なり念仏三昧に深く入っていくと不可見の身体の存在に気付くようになります。

    輪廻していくのはこの不可見の体です。

    かのクリシュナムルティ師は自身の2万年の輪廻生まれ変わりを覚えていたといわれています。

    だからあなた述べておられることはお釈迦様の教えのかなり的を得ていると思えます。
    マナー、冠婚葬祭 > 宗教
    詳しくはこちら
    • 同意数-2(10-12)
    • 回答数5
    • 投稿日時 - Sat, 31 Aug 2019 10:18:50
    • 閲覧数 27
    質問

    アートマンとは霊魂のことですか。 アートマンとは霊魂のことですか。
    アンサー
    回答

    まぁアートマンもプシュケーもイノチもスピリットもプネウマもぜんぶ「息」だから、まぁそーいってもいーんじゃないの(・o・)
    マナー、冠婚葬祭 > 宗教
    詳しくはこちら
    • 同意数14(19-5)
    • 回答数6
    • 投稿日時 - Fri, 23 Aug 2019 15:59:24
    • 閲覧数 23
    質問

    人間的にも超自然的にも成長する助けとなる本てどんな本がありますか? 私たちを成長させてくれる本のおススメがありましたら教えてください。
    あまり読書をしないので詳しくありませんので
    皆様のおススメを教えてください。
    アンサー
    回答

    人間的な成長の助けとなる本として、次の著者の作品を勧めます。

    ◆小説
    山本周五郎、下村湖人、辻邦生、船山馨、O・ヘンリー、モーム、カミュ、ドストエフスキーなど

    ◆哲学
    プラトン、セネカ(ストア派)、シオラン

    ◆心理学
    V・E・フランクル、諸富祥彦(トランスパーソナル心理学)

    リンク先で、上に挙げた著者たちの作品をコメントを添えて紹介しました。
    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12203755202?fr=and_other

    そのほか、以下のリンク先の本で縁のありそうなものがあれば、お読みください。

    ◆論語・孟子
    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14113978069?fr=and_other

    ◆聖書、キリスト教関連
    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11138614531?fr=and_other

    ◆仏教書
    ブッダ(釈尊)、テーラワーダ、唯識、中観、禅、浄土、ティク・ナット・ハンなど
    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10209327930?fr=and_other

    ◆死生観の本
    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10176363635?fr=and_other

    とりわけ“超自然的な成長”を助ける本としては、ケン・ウィルバーの著作を勧めます。
    ⬛ケン・ウィルバー『無境界─自己成長のセラピー論』(平河出版社)
    ⬛ケン・ウィルバー『アートマン・プロジェクト─精神発達のトランスパーソナル理論』(春秋社)
    エンターテインメントと趣味 > 本、雑誌 > 読書
    詳しくはこちら
    • 同意数-5(15-20)
    • 回答数3
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    ページ先頭へ