アイスの疑問や悩み - ナレッジリーフ@知識の葉

Yahoo!知恵袋疑問や悩みを検索

知恵袋Q&Aで悩みを解決!

-PR-
  • エンターテインメントと趣味 > ゲーム > モンスターハンター
  • Sat, 19 Oct 2019
  • 質問No. 9220766

解決
済み
Q アイスの疑問や質問

  • 閲覧数15
  • 質問総数3554

AアイスのQ&A回答一覧

    Yahoo!知恵袋

    • 投稿日時 - Sat, 19 Oct 2019 20:42:01
    • 閲覧数 15
    質問

    モンスターハンターワールドについての質問です。アイスボーンになってから重ね着装備が追加されて、ユクモノの重ね着が欲しいのですが、予約限定とは知らず、後悔していました。 モンスターハンターワールドについての質問です。アイスボーンになってから重ね着装備が追加されて、ユクモノの重ね着が欲しいのですが、予約限定とは知らず、後悔していました。 ですが、入手方法をネットで調べていた際、「ユクモノの重ね着はいずれ追加コンテンツとして有料で販売される」という情報を見かけましたがそれは本当なのでしょうか。
    アンサー
    回答

    ワールドの特典のオリジンシリーズは重ね着が手に入るようになりましたし
    2度と手に入らないことはないだろうってことではないでしょうか?
    出てもかなり後でしょうし、出る保証はないですが
    エンターテインメントと趣味 > ゲーム > モンスターハンター
    詳しくはこちら
    • 同意数14(14-0)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Sat, 19 Oct 2019 20:41:16
    • 閲覧数 3
    質問

    モンスターハンターアイスボーンについての質問です。

    MR69になると発生するクエスト「つらぬけ!武道家魂!!」というクエストが自分のクエストボードに出現しません。フレンドのクエストや 救難信号クエに参加しようとすると「受注に必要な物語の進行度に達していません。」と表示されます。
    どうしたら受注が可能になるかどなたか教えて下さい。

    よろしくお願いします。
    アンサー
    回答

    加工屋のむかいの武具の販売屋に!がついていませんか?
    エンターテインメントと趣味 > ゲーム > モンスターハンター
    詳しくはこちら
    • 同意数2(16-14)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Sat, 19 Oct 2019 20:34:24
    • 閲覧数 2
    質問

    モンスターハンターワールドアイスボーンで、集会所で「特定のプレイヤー」にチャットを送信したとき、その内容は他の方に見えていますか?
    アンサー
    回答

    特定のプレイヤーなので見えていません
    エンターテインメントと趣味 > ゲーム > モンスターハンター
    詳しくはこちら
    • 同意数-4(8-12)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Sat, 19 Oct 2019 20:33:02
    • 閲覧数 9
    質問

    中3です。親がアイスやポテチを買ってきます 中3です。親がアイスやポテチを買ってきます 僕はダイエット中なので我慢したいけどついちょっとだけならと思い食べてしまって結局全部食べてしまいます。どうしたらがまんできますか?
    アンサー
    回答

    ついちょっと、、、がいけないのです。チラッと見るだけで我慢しましょう。そのうち我慢している自分に酔いしれることができればダイエットは成功します。
    健康、美容とファッション > ダイエット、フィットネス > ダイエット
    詳しくはこちら
    • 同意数-18(0-18)
    • 回答数3
    • 投稿日時 - Sat, 19 Oct 2019 20:16:05
    • 閲覧数 12
    質問

    PS4です。
    新しいPS4にアカウントを追加したたところ、リトルナイトメアの製品版が遊べなくなってしまいました。前に使っていたものでダウンロード版を購入しました。新しいものに変えて、製品 版もダウンロードしましたが、自分のアカウントでは体験版しかできなくなっています。同じプレステにもうひとつあるアカウントでは製品版で遊べます。
    もうひとつの方のアカウントから一度削除し、自分の方からもう一度ダウンロードしても自分は体験版しかできませんでした。
    ライブラリの方にも体験版しかありません。ストアの方でも購入...
    アンサー
    回答

    まず

    アカウントは、トロフィー、セーブデータ、チャージした金額、購入した履歴、テーマ、ダウンロードソフト、DLCなどの再ダウンロード。psプラス加入なら、それらの紐付け、フレンドなど全て紐付けされてます。

    それを1台のps4にて、いつも使うps4登録する

    ホーム→設定→アカウント管理→いつも使うps4登録する→登録する

    そのアカウントで購入した、ダウンロードソフト、テーマ、psプラス加入なら、フリーソフト、テーマなど、全てのアカウントがプレイできます。
    追加コンテンツはほとんど出来ませんけど、モンハンワールドのアイスボーンは出来ますけど

    2台目の本体。

    いつも使うps4登録は一つのアカウントで、1台までなので

    登録出来ません。

    なので、購入したアカウントしかプレイ出来ません。またたまに鍵マークが付きますけど、ネットに繋いでれば鍵マークが消えます。

    また一つのアカウントで、2台同時にログインは出来ません。

    セーブデータも同じアカウントじゃないと認識しません。
    エンターテインメントと趣味 > ゲーム
    詳しくはこちら
    • 同意数1(5-4)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Sat, 19 Oct 2019 19:39:24
    • 閲覧数 26
    質問

    台風19号で甚大な被害が出ていて胸が痛みます。 台風19号で甚大な被害が出ていて胸が痛みます。 ところで、マンガ「ドラえもん」の中でドラえもんが
    「22世紀では台風は上陸する前に消してしまう」という旨の発言をしているのですが、今後科学が発達すればそれは可能になるのでしょうか?
    アンサー
    回答

    日本政府が進めている【ムーンショット型研究開発制度】で、研究開発を推進する技術に「台風の洋上の進路を操作して日本上陸を回避する技術」があります。複数の研究者に予算を配分して、成果を競わせるそうです。


    既に、近年の豪雨や台風に関しては、気象操作が行われています。
    テレビのニュースや新聞では、そういった話題は一切報道されません。

    ウィスコンシン大学マディソン校などが運営するサイトにあるマイクロ波衛星画像に豪雨や台風に影響する人工的な光がはっきりと映っています。

    ※「MIMIC-TPW」で検索すると、公式サイトがあります。


    こちらのマイクロ波衛星画像(自動更新されます)を見てください。

    http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mtpw2m/product.php?color_type=tpw_nrl_colors&layer=850-sfc&prod=wpac&timespan=120hrs&anim=html5
    http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mtpw2m/product.php?color_type=tpw_nrl_colors&layer=850-sfc&prod=global2&timespan=120hrs&anim=html5


    昨年の平成30年7月豪雨(西日本豪雨)、逆走台風12号、台風13号

    http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mimic-tpw/global2/anim/20180626T000000anim72.gif
    http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mimic-tpw/global2/anim/20180726T000000anim72.gif
    http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mimic-tpw/wpac/anim/20180804T000000anim72.gif


    実際に新聞に記載された見出しと記事の一部を紹介します。
    過去の新聞を所蔵している比較的大きな図書館で確認ができます。
    「気象兵器 新聞」「人工地震 新聞」で画像検索してみてください。


    昭和50年6月18日 読売新聞 (4頁)

    “気象兵器”で米ソ交渉
    ブ書記長演説の超兵器 開発禁止話し合う

    人工の地震・津波・干ばつー 考えられる超兵器ーソ連紙報道

    同紙は「現在の科学技術水準は、西方の一部“専門家”をして、すでに水爆の爆発すら影が薄くなるようなものの存在を考え出させるに至っており、気象兵器一つをとってもこれは明らかである。強い地震や破壊的な大津波などを誘発させる可能性についてのニュースは、すでに資本主義諸国の新聞、雑誌などの科学欄に登場している」と述べ「昨年の国連総会がジュネーブ軍縮委員会に、環境および気候に対して軍事その他の目的で行動を起こすのを禁止する条約案作成を勧告したのは、決して偶然の成り行きではない」と強調した。
    同紙はさらに、この問題について米国の「クリスチャン・サイエンス・モニター」紙が「人工的に洪水、干ばつ、津波、ハリケーンを起こしたり、オゾン水準を低下させる(これにより、太陽からの紫外線で地表は焦土と化す)ような新兵器開発のため」国防総省が二百万㌦以上の予算を計上したと報じたことを紹介し、こうした恐ろしい手段の開発禁止に関する❝ソ連の新たなイニシアチブ❞は、人類が科学の前に震えおののかずにすむようにすることを目指すものである、と結んでいる。


    昭和50年6月20日 読売新聞 (7頁)

    恐るべき環境・気象破壊兵器

    米ソで研究着々 一方で禁止条約草案も

    これは、米国の科学専門誌が伝えた報告だが、人類の生活を守り、向上させる技術すらも兵器に使うのだとすれば、この種の兵器は、環境だけでなく、人間性自体をも破壊するものだといえよう。
    米紙クリスチャン・サイエンス・モニターは、さる一月十五日、米国国防総省が気象兵器を開発中であると報告した。この気象兵器とは、人工の洪水、かんばつ、津波、地震、ハリケーンや台風の方向転換などを行うもので、開発予算は邦貨にしてすでに年間六億円以上も組まれているという。
    米国の地球宇宙物理学者のマクドナルド博士は、自然現象を利用した戦争の新形式を「地球物理戦争」と名づけている。例えば台風の方向を変え、温帯地方の国を攻撃するとか、南極にある大陸氷床から大量の氷山を海へドッと押し出し、大津波を起こして、海岸にある都市を破壊するとか、かんばつ、洪水、地震と何でも武器として使えると述べている(樋口敬二氏著「地球からの発想」による)。


    昭和50年6月24日 朝日新聞(夕刊)(1頁)

    気象兵器禁止の条約草案
    米ソが事実上の合意 米紙報道

    核爆発を利用し洪水などを起こす

    【ワシントン二十三日大谷特派員】二十四日付のニューヨーク・タイムス紙が米ソ両国間に合意成立と伝えた❝気象兵器❞は、核爆発によって、洪水、干ばつ、地震、台風などを起こすもので、七四年の国連総会決議はジュネーブ軍縮委員会に、こうした恐ろしい自然破壊を阻止する取り決めの作成を勧告している。
    ソ連の「社会主義産業」紙は去る十五日、ブレジネフ共産党書記長が十三日に行った演説で言及した核兵器を上回る「新しい超兵器」とは、米国が開発に着手している“気象兵器”のことだろうと指摘した。


    昭和50年8月9日 読売新聞 (4頁)

    環境兵器 米、すでに開発中
    軍縮委で表明 軍縮交渉の焦点にも

    各専門家は、環境を変更する手段が現在すでに存在し、これを平和目的にも軍事目的にも使える可能性を指摘した。ソ連の専門家は①ヒョウや雷雨を人工的に起こしたり、ハリケーンの方向を転換させる研究が米国で進んでいるのではないか②海底の変更、津波、洪水を軍事的に利用することも考えられる――などと述べた。これに対し、米国の専門家は①降雨量を人工的に増加させる実験はしているが、軍事利用への可能性は今のところない②ハリケーンに対しても風速を一〇%程度低下させた実例はある③積乱雲の発達も研究中だ――と説明した。降水促進の刺激剤としては、すでに造られているヨウ化銀や塩、鉄粉などをあげた。
    このほか各国専門家の間では、電離層の破壊、磁気の変更(通信のかく乱をねらう)、オゾン層の破壊(紫外線の直射による対生物効果をねらう)、人工地震、竜巻防止の可能性で、発言が交わされた。


    1992年9月15日 毎日新聞 (3頁)

    人工地震などの軍事目的使用禁止条約 再検討会議始まる

    【ジュネーブ14日伊藤芳明】軍事目的で地震、津波などを人工的に起こすことを禁じた「環境改変技術の敵対的使用禁止条約」の第二回再検討会議が十四日、ジュネーブで始まった。
    今回の会議は一九八四年の再検討会議に続くもので、加盟五十五カ国代表が出席。特に湾岸戦争におけるイラク軍のペルシャ湾への原油流出、クウェート油井への放火などの環境破壊行為の禁止や、枯れ葉剤を含む除草剤の軍事目的使用禁止などが条約でどこまで制限できるかを焦点に、二十一日までの予定で論議する。


    「人工降雨」「気象兵器」でニュース検索してみてください。


    【GIZMODO】の記事から引用します。

    雨乞いの儀式・現代版。意図的に雨を降らせる「人工降雨」って何だ?

    ■戦後から始まった研究。今では50カ国が取り組む

    インタビューに登場していたのは、気象庁や世界気象機関での勤務経験を持つ、名古屋大学の村上正隆教授。これまでにも、人工降雨の研究によりほぼ期待通りの効果を出している天気のプロです。

    日本にいると気づきにくいですが、世界の水不足は想像以上に深刻です。国連によれば、2025年までに世界人口の3分の2に水不足の危険があるといい、人工降雨が注目されるのも必然といえます。その研究の歴史は戦後からと意外に古く、すでにタイ、北米、中東など50カ国が研究を進めているそう。

    それにしても気になるのは、どうやって雨を降らせるのかということ。村上さんは以下のように説明しています。

    ある時、過冷却状態にある水滴(零度C以下でも凍っていない水滴)でいっぱいになった冷凍庫にドライアイスの破片を落としたところ、無数の氷の粒(氷晶)ができることを偶然発見しました。

    そこで小型飛行機で実際に零度C以下の冷たい層積雲にドライアイスを散布したところ、同じように過冷却の微小な水滴から大量の氷晶が生まれ、それが雪に成長して落下したのです。

    すごい発見が、偶然の産物というのが面白いですよね。今では、ドライアイス以外にもヨウ化銀や塩化ナトリウムなどが使われているそうです。

    ■恵みの雨でも、いいことばかりじゃない? 兵器にもなり得るリスクとは

    天気をコントロールできるようになり、水不足の懸念が少しでも解消されるなら、いいことづくめのような気がします。しかし村上さんいわく、人工降雨には「兵器」にもなり得るリスクが潜んでいるそうです。

    人工降雨を含む気象改変は、台風やハリケーンの制御もその対象とされています。2001年の9.11テロの後、アメリカでは国土安全保障省が新設されたのですが、ここではテロ以外にハリケーンなど自然災害の予防も任務にしているそう。

    村上さんいわく、あまりにスケールの大きな気象改変が実現すると、例えば意図的に大量の雨を降らせたり、水不足に追い込んだりと、国家レベルの「気象兵器」にもなりかねないとのこと。それに世界的な水不足が深刻化する今、国家間で水を奪い合う争いに発展する可能性も無視できないですよね。

    村上さんは、決してそのような事態が起きないようにと、気象研究には透明性が重要であり、各国がオープンなWin-Winの関係にするべきだと指摘します。
    エンターテインメントと趣味 > アニメ、コミック > アニメ
    詳しくはこちら
    • 同意数-8(7-15)
    • 回答数3
    • 投稿日時 - Sat, 19 Oct 2019 19:09:09
    • 閲覧数 29
    質問

    モンハンアイスボーンでマンドラゴラを食べて回復してる人がいますが、どうやっているのですか? モンハンアイスボーンでマンドラゴラを食べて回復してる人がいますが、どうやっているのですか?
    アンサー
    回答

    キノコ大好き というスキルで食べることができます。
    1~3 までスキルレベルがあってレベルが上がるにつれた食べられるキノコが増え3にすることでマンドラゴラを食べることができ秘薬と同等の効果があります。
    エンターテインメントと趣味 > ゲーム > モンスターハンター
    詳しくはこちら
    • 同意数-10(3-13)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Sat, 19 Oct 2019 19:07:56
    • 閲覧数 13
    質問

    アイスランドのギャオについて

    プレートが反対方向に引っ張られて、溝ができていますが、

    なぜ溝の底にも大地があるのか…?


    パックリ2つに割かれて、マグマが出てきたりしそうですが 。

    イメージが、湧くように説明して下さい。
    アンサー
    回答

    アイスランドは海嶺がある場所ですね

    溝のずっとしたからマグマが上昇しているのですが、地表付近の空気で冷やされて固まります。大地のように見えているのは冷え固まったマグマです。
    教養と学問、サイエンス > サイエンス > 地学
    詳しくはこちら
    • 同意数-7(1-8)
    • 回答数3
    • 投稿日時 - Sat, 19 Oct 2019 17:49:41
    • 閲覧数 9
    質問

    今回の台風は何故これだけ強力なものだったのでしょうか?単純に地球温暖化だからでしょうか? 今回の台風は何故これだけ強力なものだったのでしょうか?単純に地球温暖化だからでしょうか?
    アンサー
    回答

    すでに、近年の豪雨や台風に関しては、気象操作が行われています。
    テレビのニュースや新聞では、そういう話題は一切報道されませんので。

    ウィスコンシン大学マディソン校などが運営するサイトにあるマイクロ波衛星画像に豪雨や台風に影響する人工的な光がはっきりと映っています。

    ※「MIMIC-TPW」で検索すると、公式サイトがあります。


    自動更新されるので、今回の台風19号に作用している瞬間のところは下記の衛星画像には映っていませんが、Twitte上rで「人工台風 決定的証拠」で検索すると、その瞬間の衛星画像を載せているブログが紹介されてます。


    こちらのマイクロ波衛星画像(自動更新されます)を見てください。

    http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mtpw2m/product.php?color_type=tpw_nrl_colors&layer=850-sfc&prod=wpac&timespan=120hrs&anim=html5
    http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mtpw2m/product.php?color_type=tpw_nrl_colors&layer=850-sfc&prod=global2&timespan=120hrs&anim=html5


    昨年の平成30年7月豪雨(西日本豪雨)、逆走台風12号、台風13号

    http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mimic-tpw/global2/anim/20180626T000000anim72.gif
    http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mimic-tpw/global2/anim/20180726T000000anim72.gif
    http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mimic-tpw/wpac/anim/20180804T000000anim72.gif


    実際に新聞に記載された見出しと記事の一部を紹介します。
    過去の新聞を所蔵している比較的大きな図書館で確認ができます。
    「気象兵器 新聞」「人工地震 新聞」で画像検索してみてください。


    昭和50年6月18日 読売新聞 (4頁)

    “気象兵器”で米ソ交渉
    ブ書記長演説の超兵器 開発禁止話し合う

    人工の地震・津波・干ばつー 考えられる超兵器ーソ連紙報道

    同紙は「現在の科学技術水準は、西方の一部“専門家”をして、すでに水爆の爆発すら影が薄くなるようなものの存在を考え出させるに至っており、気象兵器一つをとってもこれは明らかである。強い地震や破壊的な大津波などを誘発させる可能性についてのニュースは、すでに資本主義諸国の新聞、雑誌などの科学欄に登場している」と述べ「昨年の国連総会がジュネーブ軍縮委員会に、環境および気候に対して軍事その他の目的で行動を起こすのを禁止する条約案作成を勧告したのは、決して偶然の成り行きではない」と強調した。
    同紙はさらに、この問題について米国の「クリスチャン・サイエンス・モニター」紙が「人工的に洪水、干ばつ、津波、ハリケーンを起こしたり、オゾン水準を低下させる(これにより、太陽からの紫外線で地表は焦土と化す)ような新兵器開発のため」国防総省が二百万㌦以上の予算を計上したと報じたことを紹介し、こうした恐ろしい手段の開発禁止に関する❝ソ連の新たなイニシアチブ❞は、人類が科学の前に震えおののかずにすむようにすることを目指すものである、と結んでいる。


    昭和50年6月20日 読売新聞 (7頁)

    恐るべき環境・気象破壊兵器

    米ソで研究着々 一方で禁止条約草案も

    これは、米国の科学専門誌が伝えた報告だが、人類の生活を守り、向上させる技術すらも兵器に使うのだとすれば、この種の兵器は、環境だけでなく、人間性自体をも破壊するものだといえよう。
    米紙クリスチャン・サイエンス・モニターは、さる一月十五日、米国国防総省が気象兵器を開発中であると報告した。この気象兵器とは、人工の洪水、かんばつ、津波、地震、ハリケーンや台風の方向転換などを行うもので、開発予算は邦貨にしてすでに年間六億円以上も組まれているという。
    米国の地球宇宙物理学者のマクドナルド博士は、自然現象を利用した戦争の新形式を「地球物理戦争」と名づけている。例えば台風の方向を変え、温帯地方の国を攻撃するとか、南極にある大陸氷床から大量の氷山を海へドッと押し出し、大津波を起こして、海岸にある都市を破壊するとか、かんばつ、洪水、地震と何でも武器として使えると述べている(樋口敬二氏著「地球からの発想」による)。


    昭和50年6月24日 朝日新聞(夕刊)(1頁)

    気象兵器禁止の条約草案
    米ソが事実上の合意 米紙報道

    核爆発を利用し洪水などを起こす

    【ワシントン二十三日大谷特派員】二十四日付のニューヨーク・タイムス紙が米ソ両国間に合意成立と伝えた❝気象兵器❞は、核爆発によって、洪水、干ばつ、地震、台風などを起こすもので、七四年の国連総会決議はジュネーブ軍縮委員会に、こうした恐ろしい自然破壊を阻止する取り決めの作成を勧告している。
    ソ連の「社会主義産業」紙は去る十五日、ブレジネフ共産党書記長が十三日に行った演説で言及した核兵器を上回る「新しい超兵器」とは、米国が開発に着手している“気象兵器”のことだろうと指摘した。


    昭和50年8月9日 読売新聞 (4頁)

    環境兵器 米、すでに開発中
    軍縮委で表明 軍縮交渉の焦点にも

    各専門家は、環境を変更する手段が現在すでに存在し、これを平和目的にも軍事目的にも使える可能性を指摘した。ソ連の専門家は①ヒョウや雷雨を人工的に起こしたり、ハリケーンの方向を転換させる研究が米国で進んでいるのではないか②海底の変更、津波、洪水を軍事的に利用することも考えられる――などと述べた。これに対し、米国の専門家は①降雨量を人工的に増加させる実験はしているが、軍事利用への可能性は今のところない②ハリケーンに対しても風速を一〇%程度低下させた実例はある③積乱雲の発達も研究中だ――と説明した。降水促進の刺激剤としては、すでに造られているヨウ化銀や塩、鉄粉などをあげた。
    このほか各国専門家の間では、電離層の破壊、磁気の変更(通信のかく乱をねらう)、オゾン層の破壊(紫外線の直射による対生物効果をねらう)、人工地震、竜巻防止の可能性で、発言が交わされた。


    1992年9月15日 毎日新聞 (3頁)

    人工地震などの軍事目的使用禁止条約 再検討会議始まる

    【ジュネーブ14日伊藤芳明】軍事目的で地震、津波などを人工的に起こすことを禁じた「環境改変技術の敵対的使用禁止条約」の第二回再検討会議が十四日、ジュネーブで始まった。
    今回の会議は一九八四年の再検討会議に続くもので、加盟五十五カ国代表が出席。特に湾岸戦争におけるイラク軍のペルシャ湾への原油流出、クウェート油井への放火などの環境破壊行為の禁止や、枯れ葉剤を含む除草剤の軍事目的使用禁止などが条約でどこまで制限できるかを焦点に、二十一日までの予定で論議する。


    「人工降雨」「気象兵器」でニュース検索してみてください。


    【GIZMODO】の記事から引用します。

    雨乞いの儀式・現代版。意図的に雨を降らせる「人工降雨」って何だ?

    ■戦後から始まった研究。今では50カ国が取り組む

    インタビューに登場していたのは、気象庁や世界気象機関での勤務経験を持つ、名古屋大学の村上正隆教授。これまでにも、人工降雨の研究によりほぼ期待通りの効果を出している天気のプロです。

    日本にいると気づきにくいですが、世界の水不足は想像以上に深刻です。国連によれば、2025年までに世界人口の3分の2に水不足の危険があるといい、人工降雨が注目されるのも必然といえます。その研究の歴史は戦後からと意外に古く、すでにタイ、北米、中東など50カ国が研究を進めているそう。

    それにしても気になるのは、どうやって雨を降らせるのかということ。村上さんは以下のように説明しています。

    ある時、過冷却状態にある水滴(零度C以下でも凍っていない水滴)でいっぱいになった冷凍庫にドライアイスの破片を落としたところ、無数の氷の粒(氷晶)ができることを偶然発見しました。

    そこで小型飛行機で実際に零度C以下の冷たい層積雲にドライアイスを散布したところ、同じように過冷却の微小な水滴から大量の氷晶が生まれ、それが雪に成長して落下したのです。

    すごい発見が、偶然の産物というのが面白いですよね。今では、ドライアイス以外にもヨウ化銀や塩化ナトリウムなどが使われているそうです。

    ■恵みの雨でも、いいことばかりじゃない? 兵器にもなり得るリスクとは

    天気をコントロールできるようになり、水不足の懸念が少しでも解消されるなら、いいことづくめのような気がします。しかし村上さんいわく、人工降雨には「兵器」にもなり得るリスクが潜んでいるそうです。

    人工降雨を含む気象改変は、台風やハリケーンの制御もその対象とされています。2001年の9.11テロの後、アメリカでは国土安全保障省が新設されたのですが、ここではテロ以外にハリケーンなど自然災害の予防も任務にしているそう。

    村上さんいわく、あまりにスケールの大きな気象改変が実現すると、例えば意図的に大量の雨を降らせたり、水不足に追い込んだりと、国家レベルの「気象兵器」にもなりかねないとのこと。それに世界的な水不足が深刻化する今、国家間で水を奪い合う争いに発展する可能性も無視できないですよね。

    村上さんは、決してそのような事態が起きないようにと、気象研究には透明性が重要であり、各国がオープンなWin-Winの関係にするべきだと指摘します。
    ニュース、政治、国際情勢 > 災害 > 台風
    詳しくはこちら
    • 同意数-14(2-16)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Sat, 19 Oct 2019 17:17:52
    • 閲覧数 25
    質問

    フォートナイトのワンタイムイベントを教えてください。シーズン1から、お願いします フォートナイトのワンタイムイベントを教えてください。シーズン1から、お願いします
    アンサー
    回答

    1・2はワンタイムはありません
    3はワンタイムと言うより所々に隕石が落ちました
    4はロケットが打ち上がり、裂け目が出来ました
    5はキューブができ、転がってルートレイクでとけました
    6はキューブ島が崩壊しました
    7は年越しイベントとアイスキングによって島全体が一時的に全て雪になりました
    8はマシュメロLIVEと保管庫投票イベント・火山噴火がおこりました
    9は封印されていた一つ目の怪獣とメカクマが戦いました
    10はロケットが発射され、隕石も動き出し、ルートレイクにぶつかって大爆発を起こし、今もずっとブラックホールが画面に映っています
    エンターテインメントと趣味 > ゲーム
    詳しくはこちら
    • 同意数-2(17-19)
    • 回答数1
    -PR-
    -PR-
    1 2 3 4 5 6 7 8 9 10  次へ [356]
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    ページ先頭へ