編纂の疑問や悩み - ナレッジリーフ@知識の葉

Yahoo!知恵袋疑問や悩みを検索

知恵袋Q&Aで悩みを解決!

-PR-
  • 地域、旅行、お出かけ > 海外 > パスポート
  • Mon, 14 Oct 2019
  • 質問No. 8722308

解決
済み
Q 編纂の疑問や質問

  • 閲覧数38
  • 質問総数52

A編纂のQ&A回答一覧

    Yahoo!知恵袋

    • 投稿日時 - Mon, 14 Oct 2019 04:54:08
    • 閲覧数 38
    質問

    除籍されたがパスポートの申請は出来ますか
    アンサー
    回答

    除籍した場合従来からの姓では新しいパスポート
    はもう作成できません。
    恐らくお亡くなりに成った方の除籍ではなく、婚姻に
    纏わる新苗字戸籍編纂による旧姓の除籍だと思うので
    新しい苗字でのパスポート作成しか出来ません。
    地域、旅行、お出かけ > 海外 > パスポート
    詳しくはこちら
    • 同意数9(16-7)
    • 回答数5
    • 投稿日時 - Sun, 13 Oct 2019 21:27:44
    • 閲覧数 21
    質問

    「日本」と国名が定められたのは西暦674年から701年の間と考えられ、天武ー持統天皇の時代です。これは672年の壬申の乱の直後ということになり、それまで「倭」と呼ばれていた国名を変えたことになります。 つまり壬申の乱は、国名を変えるほどの大きな大乱であったということです。大乱が有ったとは言え、謂わば天智天皇、天武天皇という兄弟同士の移行にも拘わらず(律令制度という求めるものは同じであったにも拘わらず)、国名まで変えるという事は、何を払拭したいという意思が働いたからなのでしょうか?
    アンサー
    回答

    天武天皇は西暦674年から701年の間に、国号を「倭」から「日本」に、王の称号を「大王」から「天皇」に変え、戸籍を作り、律令や身分制度を定めました。
    663年の白村江の戦に大敗した倭国は、唐のような律令国家(中央集権国家)の建設に進み、672年の壬申の乱によって実力で皇位を奪った天武天皇はこれを具体的に急激に進めました。
    新たに誕生した「日本」は、大昔から「天皇」が統治していたことを示すために、天武天皇は日本最初の歴史書「日本書紀」の編纂を命じました。
    明治維新の時にも国号が「日本」から「大日本帝国」に変えられました。
    天武天皇が中央集権国家として作った「日本」が、武士によって「倭」のように大名が分割統治する封建制度に変わってしまっていたのを、下級武士がもう一度「天皇」を中心とする近代的な中央集権国家に変えました。
    しかし、「大日本帝国」は帝国主義的な国家戦略によって、清やロシアと戦争をして幸い勝利したことで海外領土を広げましたが、調子に乗って中国やアメリカと戦って負け、また「日本」に戻りました。
    「名は体を表す」といいますが、国号を変えることは国の在り方が変わることであると思います。
    教養と学問、サイエンス > 歴史 > 日本史
    詳しくはこちら
    • 同意数-14(2-16)
    • 回答数5
    • 投稿日時 - Sun, 13 Oct 2019 20:30:51
    • 閲覧数 9
    質問

    漢字の部首ってどうやって決められてるのですか? 漢字の部首ってどうやって決められてるのですか? たまに、亜→二だったり意味のわからない部首がありますがなぜそうなってるのでしょうか?
    アンサー
    回答

    現在の漢字の部首分類は、中国で約300年前に編纂された康煕字典に原則的に従っています。この康煕字典では、214の部首を設けています。

    やはり中国で西暦100年頃に編纂された説文解字という字典があります。この時代は、現在の楷書体はまだ完成されておらず、小篆という書体が用いられています。この説文解字では、540の部首を立てています。

    康煕字典は説文解字での部首分類を尊重しているのですが、540部から214部にするためには部首を移動する必要がありますね。

    「亜」の旧字体は「亞」です。「亞」は、説文解ではなんと「亞部」に分類されていました。「亞」字体が部首だったわけです。「二部」という部首がなかったわけではなく「二部」もありました。

    康煕字典は「亞部」を採用しませんでしたので、「亞」は、214部のどこかへ分類する必要があったわけです。上の橫棒と下の橫棒で「二」に見える、よし「二部」に分類しとけということで「亞」は「二部」の漢字になったのでしょう。

    ですから、意味のわからない部首があって当然なのです。
    なお、説文解字では、今はありませんが「男」といった部首もあります。あると便利そうな部首ですね。

    説文解字 540部首
    https://xuetui.wordpress.com/2010/11/26/%E3%80%8E%E8%AA%AC%E6%96%87%E3%80%8F540%E9%83%A8/
    教養と学問、サイエンス > 言葉、語学 > 日本語
    詳しくはこちら
    • 同意数-8(10-18)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Sun, 13 Oct 2019 18:32:25
    • 閲覧数 29
    質問

    質問なんですが!源義経についてなんですが!ドラマなんかだと純粋な悲劇の武士みたいに描かれますが実際は野心家でわがままやったような感じがするのですが!(任官や御家人の支持がない)どう なんでしょうか?
    アンサー
    回答

    記録上、義経が誰かを陥れたり、権力争いをしている形跡がなく、とにかく頼朝に従って戦い続けた半生ですので、その辺りが純粋さのイメージなのでしょう。
    最後に身を寄せた奥州藤原氏のもとでも、権力を手に入れようとした形跡が見られません。
    政治能力抜群の頼朝が比較対象になりやすいので、尚更かもしれません。
    少なくとも「野心家(自分が頼朝にとって変わろうとか)」な面はなく、頼朝に反抗したのも相当追い詰められてからですね。

    「わがまま」については、源氏の御曹司として特別扱いを受けるべきだという自己認識はあったかもしれません。
    鎌倉幕府編纂の『吾妻鏡』には、馬のくつわを自分で取るのを嫌がった義経が、頼朝からこっぴどく怒られた記録があります。
    梶原景時との逆櫓論争などのエピソードは物語の創作ですが、史実でも頼朝以外の御家人を立てている様子はありません。
    また、戦となれば義経は作戦も準備も突入も自分一人で手柄を立ててしまうので、他の御家人からすれば面白くなかったでしょう(かといって、義経の活躍なしに平家に勝てたかは不明ですが)。

    京都に入ってからの義経はそれまで京にいた平家や木曽義仲と比べて非常に現地での受けがよく、後白河法皇からは寵愛され、九条兼実からも「義士」と称賛されています。
    この辺り、「純粋さ」「好青年」のイメージのもとかもしれません。
    平家の敗残者の首を京の大路にさらすなど(『玉葉』など)、なかなか強烈なこともしていますが、それで京で非難されている様子もありませんので、鎌倉の御家人以外からは愛されていたようです。
    頼朝も自分の代官として義経に任せている部分が大きく、平家を倒す前の時点では強固な信頼関係が見受けられます。書簡のやり取りも頻繁です。

    任官については、検非違使任官は特に頼朝は問題視しておらず、平家を倒した後の伊予守任官が問題になりました(『吾妻鏡』など)。
    これは京と鎌倉とのバランスとりでかなり難しい立場にあった義経が、後白河法皇の仕掛けの末に陥った悲劇とも言えます。
    人間的な傲慢さなどが原因だったとは見受けられません。

    一族の仇討ちに燃え、朝廷に忠誠を示し、都で愛される人柄・・というのが純粋さのイメージですね。
    それとは逆に、戦では一人で勝ち、源一族への愛ばかりをかえりみるせいで、関東の支持基盤の御家人の支持は得られずに独断専行のイメージがあるようです。
    教養と学問、サイエンス > 歴史 > 日本史
    詳しくはこちら
    • 同意数6(12-6)
    • 回答数3
    • 投稿日時 - Sat, 12 Oct 2019 15:06:22
    • 閲覧数 8
    質問

    漢字から部首を見つけるコツを教えてください 漢字から部首を見つけるコツを教えてください
    アンサー
    回答

    「部首名」はね、最近の字書では一応240種類くらいあるとされていますが、これに「亻」とか「氵」とか「忄」などと補助的な物で増やしていますから約280種類くらいあります。そしてなおかつこれらの呼び名はすべて俗称であり正式なものがありません。また複数の呼び名がありますから覚えるのは難儀なことです。

    覚えるコツと言うものがある事にはあります。例えば音符とか意符などで見分ける方法がありますが、例外だらけで覚えても役に立つとはとても思えません。

    だいたい「部首を見つける」なんてことは、分からない漢字が有った場合に辞書でその漢字を探し出すときに必要な物であって、試験のために在るものではないのです。
    ですから探している漢字の「部首」が分からなければ「読み」や「画数」で探せるように辞書は編纂されているのです。

    もし試験対策として覚えたいのであれば、試験範囲が学習漢字の範囲なのか常用漢字の範囲なのか漢検◯級の範囲なのかで、それぞれに裏技と言うものが有るらしいですよ。
    教養と学問、サイエンス > 言葉、語学 > 日本語
    詳しくはこちら
    • 同意数-19(0-19)
    • 回答数2
    • 投稿日時 - Sat, 12 Oct 2019 09:42:11
    • 閲覧数 20
    質問

    万人向けのお薦めの古語辞典を教えてください。
    アンサー
    回答

    万人向けというのがどういう意味なのか判りかねますが、私自身が良い古語辞典と思う辞書を。

    大型辞書
    ★一般的な辞書としては、事実上角川古語大辞典と古語大辞典しかありませんが、角川古語大辞典は高価過ぎるので☆古語大辞典(中田祝夫・北原保雄・和田利政編、1983、小学館)しか無いでしょう。

    中型辞書
    ★大半の古語辞典がここに入ります。

    ☆岩波古語辞典(大野晋・佐竹昭広・前田金五郎編、1974年、岩波書店)
    万人向けとは言えないでしょうが、優れた辞書で、特に語源についての記述があること、上代語に用例がある場合は甲類か乙類かが判るようにしているのが特徴です。
    動詞は見出しが連用形になっているので、終止形同形で四段・下二段の二つの活用がある動詞は見出しが別々になっています。
    助詞・助動詞は巻末にまとめて説明されていますが、これは賛否両論ありそう。
    形容動詞は認めていないので語幹を名詞として引くことになるなど、非常に個性的な辞書です。
    初版(1974年)と補訂版(1990年)がありますが、補訂版では「くろ(黒)」の語源に関する記述が削除されるなどやや後退した印象を受けるので初版の方がお勧めです。

    ☆角川全訳古語辞典(久保田淳・室伏信助編、2002年、角川書店)
    全訳タイプでは最多の31,000語収録というのが売りですが、用例の扱い方に特徴があって、場合によっては十数行にわたって引用して、どのような文脈で使われているかかが判るようにしています。
    語釈も丁寧で、文字も比較的大きめで読みやすい。

    ☆三省堂詳説古語辞典(秋山虔・渡辺実編、2000年、三省堂)
    三省堂では一番新しい古語辞典。例えば伊勢物語初段の「おいつきて」は参考書では「すぐに」の意と書かれていても、辞書でそうした語義を記したのはこの辞書が最初。語釈も概ね信頼できるし、古典文法書ばりに識別一覧を巻末にまとめているのも特色。

    ☆例解古語辞典(小松英雄・森野宗明・佐伯梅友他編、1980年、三省堂)
    小松英雄氏が編纂した古語辞典は他に「三省堂古語辞典」もあるが、これはより本格的な辞書。三版まで出たが現在は絶版の模様。
    用例は単なるアリバイであってはならないとして特に用例にこだわった辞書。

    小型辞書
    ★初期の古語辞典はほぼすべてこのサイズでしたが、現在は中型辞書の一部の小型版が出ている程度。

    ☆詳解古語辞典(佐藤定義編、1972年、明治書院)
    初版の「詳解」の後、「新訂詳解古語辞典」が1982年、「最新詳解古語辞典」が1991年に出ているので「最新」版がお勧め。
    新訂版から付いている別冊付録の助動詞活用表も便利だが、語釈も優れていて、私が現在最も頻繁に使用しているのがこの辞書。

    ☆講談社古語辞典(佐伯梅友・馬淵和夫編、1969年、講談社)
    サイズとしては小B6版なので小型辞書になるが、4万5千語を収めた、当時としては最強クラスの古語辞典。源氏物語など11の古典に出て来る全語を収録したとしている。
    講談社学術文庫古語辞典もほぼ同じ物。

    ☆基本古語辞典(小西甚一著、1966年、大修館書店)
    学習古語辞典として企画された関係で収録語彙が少ないが、独自の指摘が数多くあり、むしろ専門家から高く評価されている辞書。初版、改訂版、三訂版、学習基本古語辞典、新装版と様々なバリエーションがある。
    子育てと学校 > 受験、進学 > 大学受験
    詳しくはこちら
    • 同意数-20(0-20)
    • 回答数3
    • 投稿日時 - Fri, 11 Oct 2019 09:46:52
    • 閲覧数 11
    質問

    「飴」という漢字は「あめ」以外に「い」とも読めるのですか?これは正式(?)な読み方ですか? 「飴」という漢字は「あめ」以外に「い」とも読めるのですか?これは正式(?)な読み方ですか?
    アンサー
    回答

    飴、正式な漢字です。

    文献上は、神武天皇が大和の国を平定した際に、「大和高尾」の地で「水無飴」を作ったという記載が、『日本書紀』の「神武紀」にある[3]。

    われ今まさに八十平瓮をもちて、水無しにして飴を造らむ
    この「飴」は「たがね」と読む[3]。『日本書紀』は神話であり、「神武天皇の時代」とされる紀元前7世紀については不明であるが、同書が編纂された720年(養老4年)には、既に飴が存在していたことになる。

    平安時代の延喜式には「京都に飴屋ができた」とあり、鎌倉時代には「飴売り行商」も誕生した。江戸時代になると様々な姿で、おもしろおかしく飴を売り歩くようになった[4]。

    中国語においても、砂糖で作る堅い飴や、洋風のキャンディーなどは「糖(タン táng)」と呼び、「飴(イー yí)」は、米、コウリャン、麦芽などから作る水飴や軟らかい飴を指すという区別がある。

    現在の飴はもっぱら菓子として食べられているが、甘味料として用いられたり、甘い食品が貴重であった事から薬や珍味の様な扱いもされていたようである。

    https://ja.m.wikipedia.org/wiki/飴
    教養と学問、サイエンス > 言葉、語学 > 日本語
    詳しくはこちら
    • 同意数-3(17-20)
    • 回答数4
    • 投稿日時 - Fri, 11 Oct 2019 00:59:44
    • 閲覧数 33
    質問

    魏志倭人伝に登場する卑弥呼ですが、この登場の天皇は別にいたんでしょうか?
    アンサー
    回答

    卑弥呼が登場する魏志倭人伝は3世紀に書かれた中国の正史である「三国志」の「魏志東夷伝倭人の条」で、3世紀の倭国の歴史が書かれています。
    3世紀の倭は100余国に分かれており、邪馬台国を中心とする30か国連合が卑弥呼を女王として共立しました。邪馬台国の南にある狗奴国の男王は卑弥呼に従わず、卑弥呼は魏にそれを訴えました。
    魏は倭に張政らを派遣して邪馬台国を指導しますが、卑弥呼は死亡します。男王を立てますが、1000人の戦死者がでても国は治まらないため、卑弥呼の13歳の宗女である台与を立てて王となしてようやく国が治まったとあります。
    ある歴史学者は台与を崇神天皇の皇女である豊鍬入姫命と考えていますが、これは定説にはなっていません。
    5世紀の歴史を書いた中国の正史「宋書」には「倭の五王(讚、珍、済、興、武)」が登場します。五王のうち「武」は日本書紀に書かれている雄略天皇(大泊瀬幼武天皇)であるという説が有力ですが、ほかの4王については日本書紀に書かれた天皇の誰に該当するかはまだ不明の状況です。
    8世紀に完成した日本書紀の神功皇后紀には魏志倭人伝からの引用があり、倭の女王が魏に使節を送ったことが記載されています。日本書紀の編纂者は神功皇后が卑弥呼であると考えていたと思われますが、本当にそうであったと考える学者はいないようです。
    天皇は、7世紀後半に誕生した律令国家「日本」の国王です。日本書紀には紀元前660年に即位した神武天皇から歴代天皇が日本を統治していたことが書かれていますが、これをそのまま信じることは科学的には疑問があります。
    考古学的に実在が確認されているのは雄略天皇(ワカタケル)で、大王は5世紀ごろに成立したと考えられますので、邪馬台国があった3世紀には大王(天皇)はまだ存在していないと考えるのが妥当でしょう。
    教養と学問、サイエンス > 歴史 > 日本史
    詳しくはこちら
    • 同意数4(4-0)
    • 回答数6
    • 投稿日時 - Thu, 10 Oct 2019 13:10:08
    • 閲覧数 7
    質問

    十世紀から十一世紀に古典文学が隆成した理由を、歴史背景を含めて 十世紀から十一世紀に古典文学が隆成した理由を、歴史背景を含めて 詳しく教えてください。
    アンサー
    回答

    なぜお笑い芸人のカテで?
    吊かしらん。

    かな文字が出来て人の心情を細やかに記録できるようになったとかもあるけど、10~11世紀に隆盛した古典文学というと宮廷の文学ですよね。
    勅撰和歌集の編纂とか内裏での歌合の開催とかが10世紀頃に始まるし。
    藤原氏などによるいわゆる摂関政治の進展で後宮の女御のもとに文芸サロンのようなものが出来て才能豊かな女房たちが集まったということもある。
    天皇を自分達の中宮・女御のもとに足繁く通ってもらわなければならないから、そのために質の高い文芸サロンは役に立ったわけ。管弦や絵画もあっただろうけど残ってはいなくて写本を通して文学だけが残ってる。
    枕草子は決して清少納言の個人的な随筆じゃあなくて中宮定子のサロンのために書かれそれを後世までに伝えるためのものだし、紫式部日記も個人の日記ではなく中宮彰子のサロンのためのもの、源氏物語だってかなり公的なものとして書かれていたようだし。
    12世紀になって公家の家格が固定されると中宮・女御になる家も決まってきて
    後宮の文芸サロンとかも必要なくなり衰えて宮廷の文学作品も衰退していくでしょう。
    エンターテインメントと趣味 > 芸能人 > お笑い芸人
    詳しくはこちら
    • 同意数-16(4-20)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Wed, 09 Oct 2019 12:24:35
    • 閲覧数 5
    質問

    廣済堂あかつきの「最新 高校入試全国リレー数学」の2017年度版と2018年度版の内容がまったく同じだったのですが、私は前年の過去問を中心に毎年編纂されているものだとばかり思っていました。 廣済堂あかつきの「最新 高校入試全国リレー数学」の2017年度版と2018年度版の内容がまったく同じだったのですが、私は前年の過去問を中心に毎年編纂されているものだとばかり思っていました。 2年後との更新なのでしょうか。たまたまこの2年分がそうなったのでしょうか。出版社に問い合わせてもいいのですが、もしお分かりの方がいらっしゃ...
    アンサー
    回答

    一部に違う部分はなかったのでしょうか
    教養と学問、サイエンス > 宿題
    詳しくはこちら
    • 同意数11(17-6)
    • 回答数1
    -PR-
    -PR-
    1 2 3 4 5 6 次へ 
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    ページ先頭へ