ヒドロキシプロピルトリモニウムの疑問や悩み - ナレッジリーフ@知識の葉

Yahoo!知恵袋疑問や悩みを検索

知恵袋Q&Aで悩みを解決!

-PR-
  • 健康、美容とファッション > コスメ、美容 > スキンケア
  • Sat, 05 Oct 2019
  • 質問No. 7832908

解決
済み
Q ヒドロキシプロピルトリモニウムの疑問や質問

  • 閲覧数1
  • 質問総数2

AヒドロキシプロピルトリモニウムのQ&A回答一覧

    Yahoo!知恵袋

    • 投稿日時 - Sat, 05 Oct 2019 23:49:21
    • 閲覧数 1
    質問

    スキンケアの乳液について。

    私は最近スキンケアの時に極潤の乳液を追加したのですが使い始めて3日目くらいにつけた直後一円玉くらいに頬あたりの肌がぼんやり赤くなりました。口元には赤い ニキビのような腫れも。
    やはりこれは乳液があってないという事でしょうか?

    他にはDHCのP2H1ウォータージェルとNIVEAの青缶を使っていますが何もおきません。あまり化粧品慣れしておらず何がダメだったのかも分からずで。
    乳液をやめた方がいいのか、他の乳液なら大丈夫なのか教えて頂けると幸いです。
    肌はオイリー肌ではないと思い...
    アンサー
    回答

    実際に見ないとわからないというか、皮膚科で診てもらわないと正確なことはわかりません。

    が、乳液の何かの成分が肌に合っていない可能性が高いです。
    何の成分が悪いのかは、まずわからないので(皮膚科のパッチテストでもわからないことも多いそうです)、その乳液の全成分を確認し、全く違う成分の物を使った方がいいです。

    肌ラボ 極潤 ヒアルロン乳液 (極潤は種類があるので、これじゃないかもしれませんが)

    水、グリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、DPG、スクワラン、オレフィンオリゴマー、PPG-10メチルグルコース、加水分解ヒアルロン酸(ナノ化ヒアルロン酸)、アセチルヒアルロン酸Na(スーパーヒアルロン酸)、ヒアルロン酸Na、イソステアリン酸PEG-20ソルビタン、ステアリン酸グリセリル、ジメチコン、ステアリルアルコール、カルボマー、ベヘニルアルコール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、TEA、EDTA-2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

    ニベアクリームの青缶

    水、ミネラルオイル、ワセリン、グリセリン、水添ポリイソブテン、シクロメチコン、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、スクワラン、ホホバ油、オレイン酸デシル、オクチルドデカノール、ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mg、クエン酸、安息香酸Na、香料

    DHCがわからなかったんですが、これですかね?
    DHCプラセンタ2 ヒアルロン酸4 ウォータージェル [F1]

    水、BG、グリセリン、ペンチレングリコール、プラセンタエキス、メロン胎座エキス、加水分解コラーゲン、水溶性コラーゲン、加水分解エラスチン、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Na、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13)グリセリル、水溶性プロテオグリカン、グルコシルセラミド、クインスシードエキス、α-グルカン、コレカルシフェロール、加水分解コーンスターチ、トコフェリルリン酸Na、(PEG-240/デシルテトラデセス-20/HDI)コポリマー、クエン酸、クエン酸Na、エタノール、フェノキシエタノール

    水、グリセリン、ヒアルロン酸は違うと思うので、それ以外のところですね。
    一番気になるのが、極潤の乳液がこれだとしたら、メチルパラベンとプロピルパラベンが入っていることです。
    メチルパラベン、プロピルパラベンは、パラベン(パラオキシ安息香酸エステル)の中でも刺激が弱い防腐剤です。
    なんですが、刺激が弱い=効果も弱いため、パラベンよりも配合量が多くなります。

    私がそうなんですが、結果的に防腐剤の量が多くなると、荒れる人がいます。
    ニベアの青缶、あんまり深く考えてなかったんですが、パラベン入ってません。
    安息香酸Naが防腐剤で、似たような物ではありますが、同じ成分ではなかったと思うんです。
    で、あまり正確ではないと思いますが、パラベンよりもきつい防腐剤だったと。思うんです。
    もしこれがあっていれば配合量が少量であることが考えられます。(配合量は聞いても教えてもらえません。基本的に社外秘です)

    DHCがこの化粧水のことだとしたら、こちらもパラベン類が入っていません。
    とりあえず、パラベン類が入っていない物を選んで様子を見てはいかがでしょうか。

    確証はまったくなく、ほぼ妄想に近い回答ですが。
    皮膚科で相談してみるのが一番ですが、パッチテストは高額になるので、あわない恐れがある物を省いていったほうが案外効率がいいかもしれないと思ってます。
    健康、美容とファッション > コスメ、美容 > スキンケア
    詳しくはこちら
    • 同意数3(6-3)
    • 回答数1
    • 投稿日時 - Sat, 28 Sep 2019 21:59:56
    • 閲覧数 20
    質問

    オススメのシャンプーありませんか? オススメのシャンプーありませんか? 今LUX使っているのですが、洗浄力が強いせいか、乾燥して頭皮から脂が出て、すぐ髪の毛がベトベトになる気がします…
    美容師の友達に聞いたら、LUXとかは食器用洗剤で洗ってるようなもの。せめて1000円以上のシャンプー使わないと!と言われましたが、どのシャンプーがいいのか分からず…
    オススメのシャンプーあったら教えてほしいです!
    アンサー
    回答

    美容師です。

    僕はあなたに買ってもらうわけではないですから、損得勘定が無いという事を前提にご回答いたします。

    失礼ながら「1000円以上出せばそれでよい」というのはあまりにざっくりしたアドバイスでこれでは役に立ちません。

    ご面倒でしょうけれど裏の表示成分をご覧ください。これは多い順にかかれています。つまり最初の方に書かれているものが主成分、最後の方に書かれている成分ほど含有量が少ないのです。
    少ないから影響力が無いという事ではありませんが、シャンプーの場合は主成分の「洗浄成分」が前の方に書かれています。

    スーパーリッチですと、
    ラウレス硫酸Na
    ジステアリン酸グリコール
    コカミドプロピルベタイン
    ジメチコノール
    ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム

    と続きますが、問題は「ラウレス硫酸Na」と「ジメチコノール」の組み合わせです。

    ラウレス硫酸Naは脱脂力の強く泡立ちの良い、最も普及している廉価な洗浄成分です。ジメチコノールはいわゆるシリコンです。

    ラウレスでしっかり脂を落としすぎ、ジメチコノールで思い切り油を足す、この仕組みのせいで洗いすぎて、パサパサなのにベタベタという現象が起こると考えられます。


    この前の方に書かれている成分にもっと天然系の程よい洗浄力の成分のものを選ぶ必要があります。

    「ココイルメチルタウリンナトリウム」か、「ココイルグルタミン酸・・・」あたりを主成分にしているシャンプーが良いのではないかと思われます。

    「ノンシリコン」と言われていますが、別にシリコンが有害なわけではなく、このような利用のされ方をしているのでシャンプーとしては好ましくないという意味です。

    そのほかにもジメチコン、シクロメチコンなど、シリコン系の成分はいろいろありますが、オススメはしません。

    1000円以上のシャンプーだったとしても、例えばケラスターゼDP バン オレオ リラックス は6000円以上もするのに、


    ラウレス流酸Na(全く同じ洗浄成分です)
    ココベタイン
    ラウレス-5カルボン酸
    コカミドMIPA
    塩化Na
    ネオペンタン酸イソステアリル
    ポリクオタニウム-10
    PPG-5セテス-20
    アモジメチコン(これはシリコンです)

    これではLUXとほとんど変わりませんので解決になりません。

    という訳で、高くてもダメな製品もあります。ご面倒ですが、成分を確認して選んでください。
    健康、美容とファッション > コスメ、美容 > ヘアケア
    詳しくはこちら
    • 同意数8(20-12)
    • 回答数3

    その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

    別のキーワードで再検索する
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    -PR-
    ページ先頭へ